バイナリーオプションのRSI逆張り手法を100%使いこなす全ノウハウまとめ

バイナリーオプションのRSI逆張り手法を100%使いこなす全ノウハウまとめ

RSIってバイナリーオプションのインジケーターでよく聞くけど実際どうなの?

バイナリーオプションでRSIを使った分析方法って本当に勝てるの?

バイナリーオプション初心者の方はこのような疑問を持っていませんか?

そんな疑問を解消するために、今回の記事ではRSIについて以下の5つの項目について解説していきます。

1.RSIの使用方法
2.エントリーできる代表的なパターン
3.RSIでの設定と種類のおすすめ
4.RSI単体ではノウハウは通用しない
5.RSIとRCIはどちらがおすすめ?

 

これらのことをしっかりと理解することでRSIを使った分析方法を確実に取得できます

RSIを使いこなして、バイナリーオプションの勝率を確実に上げて行きましょう!

 KINGライン登録3

バイナリーオプションでのRSIの使用方法

RSIとは「Relative Strength Index(相対力指数)」のことを言います。
相対力指数とは?

一定期間内の上げ幅と下げ幅を合わせた、全体の変動幅に対する上昇の力を相対的な割合で計算し数値

わかりやすく言えば、相場の「買われすぎ」と「売られすぎ」を判別できるインジケーターです。

RSIの特徴

RSI

RSIの判断は上記画像の通りです。

◎80%の「買われすぎライン
◎20%の「売られすぎライン

このラインをチャートが越えるかどうかが判断基準となります。

つまり相場の転換が起こる直前を読み取って、逆張りで使用するのに適したインジケーターになります。

RSIで使用すべき相場

RSIは逆張りに使用できるインジケーターです。

レンジ相場に適しています。

たとえばこういった相場は順張りの方が適していますね。

逆張りをする必要がありません。

この相場ではRSIの使用は適していないということですね。

◆一定のレンジで相場が上下している方が相場転換が起こりやすい。
RSIの指標はレンジ相場で活用しましょう。

RSI指標でエントリーできる代表的パターン

RSIの指標でエントリーできる代表的なパターンをご紹介します。

◆エントリーできる代表的なパターンは2つ

★買われすぎと売られすぎパターン
★ダイバージェンスパターン

それぞれについてエントリーポイントを解説していきます。

買われすぎと売られ過ぎ

◆買われすぎと売られすぎのパターンはRSIの鉄板パターンですので、必ず覚えてください。
★RSIが80%以上の時は「買われすぎ」を示しているのでローソク足が反転してくる前兆です。

画像の左下のRSI数値が80以上を指した場合に陽線から陰線に切り替わるので、逆張りの目安になります。

★RSI数値が80以上を指した

★陽線から陰線に切り替わる

逆張りの目安です。
★RSIが20%以下の時は反対に「売られすぎ」を示しています。


同じく左下のRSIの数値が20%以下を指した場合、ローソク足が陰線から陽線に切り替わるタイミングでもあるので、上昇エントリーのチャンスです。

★RSIの数値が20%以下を指した

★陰線から陽線に切り替わる

上昇エントリーのチャンス

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、ローソク足の動きとRSIの動きが逆行する現象のことをいいます。

すべてのインジケーターはローソク足の数値を基準にプログラムされてます。

そのため、本来であればローソク足の動きに合わせてインジケーターも動きます。

もちろんRSIも同様です。

画像のように、ローソク足が上昇すればRSIも上昇。

並行の時は同じく並行というように動きますよね?

◎このようにローソク足の動きに合わせてオシレーター系のインジケーターは動きます。
しかし、たまに逆行した動きをすることがあるんです。
ローソク足は上昇しているのに、RSIは下がっているといった現象がダイバージェンスです。

ローソク足は上昇しているのに、RSIは下落していますね。

★このような時は、トレンドの力が弱まってきていて、相場の反転の合図でもあります。
このようにダイバージェンスが見られた後に大きく下落しているのがわかります。
◎ダイバージェンスを狙う時は、1分足を見た5分取引などの少し長めの取引時間で行うと良いでしょう。
さらに勝率を上げることができるのでおすすめです。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
疑問・質問はLINEにてご連絡をいただければ、最速でお返事するよ!お気軽にお問い合わせあれ!

RSIでの設定と種類のおすすめ

RSIの設定方法と期間設定の数字について

★MT4での設定方法
★期間限定はデフォルトの「14」よりも短めにするべき

これらについて解説していきます。

MT4での設定方法

MT4でRSIを設定する方法は以下の4つの手順です

「挿入」⇨「インディケーター」⇨「オシレーター」⇨「RSI」
これでチャート画面の下の枠にRSIが表示されます。

設定期間はデフォルトより短めに

デフォルトのパラメーターは「14」ですのでそのまま表示されると期間設定は「14」になります。
これは14本分のローソク足の値動きの平均値を出すということです。
この数値を変えたい時は、「チャート画面上で右クリック」⇨「表示中のインディケーター」⇨「RSI」を選択。
★パラメーターの「期間設定」が「14」になっていますのでここで変更ができます。

期間設定は好きな数字を選べるんですね。

基準値は14となっています。

しかし実際にトレードを行う時は「9」がおすすめですよ

ライン登録3

RSIは単体ではノウハウが完結しない

RSI単体でのエントリーは非常にリスクが高いのです。

他のインジケーターを併用することで完成度の高い指標となります。

ここではRSIと相性良い併用すべきインジケーターを4つ紹介します。

  • ストキャスティクス
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • CCI

以上の4つのインジケーターについて解説していきます。

ストキャスティクス

ストキャスティクスもRSIと同様に「買われすぎ」と「売られすぎ」を示してくれるインジケーターです。
ストキャスティクスもRSIも0%〜100%の間で相場の過熱感を教えてくれます。

RSIは1本の線で示す過熱感を表していましたよね?
ストキャスティクスはどうなんですか?

◎ストキャスティクスが相場の動きの捉えるのは、K線とD線の2本の線
ストキャスティクスには、この2本線を使用した「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」というエントリーポイントがあります。

◎ゴールデンクロス

20%以下のゾーンでK線がD線を下から上に突き抜けた場合、「買い」のエントリーサイン。
クロスが次の足は上昇してます。

◎デッドクロス

80%以上のゾーンでK線がD線を上から下に突き抜けた場合、「売り」のエントリーサイン。
クロスの次の足は下落してます。
★RSIと併用して使用する場合は双方の条件が満たしている場合のみエントリーできます。

上記、画像の赤縦線は次の2つの条件を満した、勝率が高いポイントです。

1.RSIのエントリー条件は20%以下または80%以上に達している場合に逆張りエントリー
2.ストキャスティクスのエントリー条件は20%以下のゴールデンクロスまたは80%以上のデッドクロス

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは相場の勢いと反転ポイントと方向を見極めることができる非常に有効なインジケーターです。

このバンドの中にローソク足が収まる確率が一目でわかるようなっています。

ボリンジャーバンドに1σ、2σ、3σと3つのバンドがあります。
・1σ 68.3%
・2σ 95.5%
・3σ 99.7%
※それぞれに適した数字があります。

どんなふうに使うんですか?

バイナリーオプションでもっともよく使われるのが「2σのバンドにローソク足がタッチしたら反して戻ってくる」という考え方です。

2σ内に収まる確率が95.5%なので、その確率で逆張りが有効となるわけですね。

今回のエントリー条件は次の通り

1.ボリンジャーバンド2σにタッチから逆張り
2.RSIが20%以下または80%以上で逆張り

2つの条件を合わせた場合のみ赤の縦線を引いてあります。

MACD

MACD(マックディー)は移動平均線をベースにした2本のラインとヒストグラムを組み合わせたシグナルです。

◎エントリーポイントとしては、これらが非常に有効な使い方になります。

★ストキャスティクスと同様にゴールデンクロスとデッドクロス
★RSIと同じダイバージェンス

こちらの記事でMACDについて具体的に解説していますので、まだご覧になっていない方は必ず読んでくださいね。

バイナリーオプションをMACDで完全攻略!

双方を併用した場合のエントリー条件はこうなります。

1.RSIが20%以下または80%以上で逆張り
2.MASDのゴールデンクロス、デッドクロス

画像のように2つのエントリー条件が合致した場合のみエントリーすれば非常に高い勝率を維持する事ができます。

併用をおすすめします。

CCI

◆CCIはRSIと非常によく似た性能を持つインジケーターです。
◎RSIは100〜0の間の数値で「買われすぎ」「売られすぎ」を示しますが、CCIは特に上限と下限が決まっていません
★一般的な使い方は±100を基準とし、100以上が「買われすぎ」−100以下が「売られすぎ」と判断されます。
★CCI単体では「買われすぎゾーン」や「売られすぎゾーン」に入ってきた逆張りでエントリーします。

RSIとCCIを同時に表示させるとこのようになります。

併用する場合、RSIのエントリーポイントの基準を満たしていると同時にCCIのエントリーポイントを満たしている場合のみエントリーできます。

RSIとRCIは似てるけどどちらがおすすめ?

RSIと似たようなインジケーターでRCIというのがあり、「どちらの方が優秀か?」と比較される事があります。
結論は「RSIだけでいい」です。
◎なぜなら、双方とも「買われすぎ」「売られすぎ」の相場の過熱感を表すインジケーターですが、計算式の違いによりエントリーサインが出る回数が異なります。
★RCI=エントリーサインは多いが勝率が下がる
★RSI=期間限定の数字を変えることで調整できる

RSIの特徴のところでも解説しましたが、エントリー回数が増えれば勝率は下がり、エントリー回数が減れば勝率は上がります。

◎つまり、RCIの特徴はRSIで補えることになります。

そのため、RCIを使うのは控えてRSIを使用して勝率を上げていきましょう。

キングのプライベートLINE

まとめ

今回の記事では次のことについて解説していきました。

・RSIの使用方法
・エントリーできる代表的なパターン
・RSIでの設定と種類のおすすめ
・RSI単体ではノウハウは通用しない
・RSIとRCIはどちらがおすすめ?
これらのことをしっかりと理解し、RSIを使っていけば必ずばバイナリーオプションの勝率を上げることができます。

RSIを使いこなし、勝ち組トレーダーの仲間入りをしましょう!

※ゲイトレーダーのよっしーさんのこちらのRSIの手法をぶった斬ってる動画も参考になりますよ!

キングツールバナー2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。