バイナリーオプションは土日が攻略の鍵!取引以外にできることを解説

バイナリーオプションは通常、土日が休みで取引はできません。

しかし、土日だからこそやるべきことはあります。

多くの場合取引ができないと

疑問
  • 土日は何もすることはないのでは?
  • 土日も取引したい!

という方もいるでしょう。

当記事では、バイナリーオプションで勝つための土日の活用方法についてお伝えしていきます。

具体的内容
  • バイナリーオプションは土日は基本的に休みで取引不可能
  • バイナリーオプションプロは土日何をするのか

を解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

バイナリーオプションは土日は基本的に休みで取引不可能

バイナリーオプションは土日は基本的に休みで取引不可能

バイナリーオプションは土日は基本的に休みで取引不可能です。

バイナリーオプションの取引状況について

  • ハイローオーストラリアの取引時間
  • 土日はデモトレードもできない
  • 日本の祝日なら取引可能
  • ファイブスターマーケッツで仮想通貨取引ならできる

以上の4つに分けて解説していきます。

ハイローオーストラリアの取引時間

ハイローオーストラリアの1日の取引時間は、日本時間の午前7時~翌日の午前6時までです。

そして午前の6時〜7時の間はメンテナンスの時間となり、取引ができません。

週での取引時間は平日のみ取引が可能となるため「月曜の午前7時〜土曜の午前6時まで」が取引可能な時間となります。

Highlow/HighlowスプレッドとTurbo/Turboスプレッドの取引時間の一覧表が以下となります。

HighLow/HighLowスプレッド
15分単位-1 15分毎(午前8:00~翌日午前6:00)
15分単位-2 15分毎(午前8:05~翌日午前5:50)
15分単位-3 15分毎(午前8:10~翌日午前5:55)
1時間単位 1時間毎(午前8:00~翌日午前6:00)
1日単位 1営業日(午前7:00~翌日午前6:00)
Turbo/Turboスプレッド
30秒毎 午前8:00~翌日午前5:00
1分毎 午前8:00~翌日午前5:00
3分毎 午前8:00~翌日午前5:00
5分毎 午前8:00~翌日午前5:00

 

土日はデモトレードもできない

土日はデモトレードもできません。

なぜなら、デモトレードでも為替市場のリアルタイムレートが使用されているからです。

土日は為替市場も閉まっているためレートの配信自体がされていません。

ですので、為替市場のリアルタイムレートを使ったサービスはどこの業者でも使用できません。

日本の祝日なら取引可能

日本が祝日の場合でも、海外業者では通常どおりの営業を行っています。

例えば、ハイローオーストラリアでは日本が祝日だとしても取引可能です。

しかし、オーストラリアの祝日ではハイローオーストラリアでの取引は行えません。

オーストラリアの祝日は州により異なりますが、全土共通の祝日は表のとおりです。

祝日名 日にち 振替休日
ニューイヤーズデー
1月1日(金曜日)
オーストラリア・デー
1月26日(火曜日)
グッド・フライデー
4月2日(金曜日)
イースター・サタデー
4月3日(土曜日)
イースター・サンデー
4月4日(日曜日)
イースター・マンデー
4月5日(月曜日)
アンザック・デー
4月25日(日曜日)
4月26日(月曜日)
クリスマス・デー
12月25日(土曜日)
12月27日(月曜日)
ボクシング・デー
12月26日(日曜日)
12月28日(火曜日)

というように、海外の祝日では取引できないので注意が必要です。

ファイブスターマーケッツで仮想通貨取引ならできる

ファイブスターマーケッツでは、仮想通貨を対象としたバイナリーオプションであれば取引可能です。

為替市場は土日が休みであるため、為替市場を対象としたバイナリーオプションの取引はできません。

しかし、仮想通貨市場は24時間365日市場が開いているため、取引が可能です。

デメリットとしては、ペイアウト率が低いという点があります。

ですので、わざわざ土日に無理に取引する必要性はありません。

バイナリーオプションプロは土日何をするのか

バイナリーオプションプロは土日何をするのか

土日に取引をする必要がないのであれば、バイナリーオプションプロたちは土日に何をしているのでしょうか?

バイナリーオプションプロの土日の使い方を

  • MT4でチャートを振り返る
  • メンタルを整える土日の過ごし方
  • 勉強をする

以上の3つに分けて解説していきます。

MT4でチャートを振り返る

ほとんどのバイナリーオプションプロは土日を使い、MT4などのチャートソフトを使ってチャートの振り返りを行います。

チャートの何を振り返るかについて

ポイント
  • 相場が大きく動いたポイント
  • 自分の手法でエントリーできたであろうポイント
  • 自分の取引したポイント

以上のように見るべきポイント絞り込みます。

相場が大きく動いたポイント

週間のチャートを振り返る時は相場が大きく動いたポイントに注目します。

なぜなら、どのようなニュースや経済指標、テーマに基づいて市場が反応を示したのかがわかるからです。

例えば、金利の上昇によって価格が大きく動いたのであれば、次の週からは金利のチェックを重点的に行う必要があります。

大きく動いたポイントの原因を探ることで、市場が何に注目しているかがある程度見えてきます。

以上のようにチャートから動いたポイントの振り返りを行うことは、次の週に向けての大切な準備作業です。

自分の手法でエントリーできたポイント

チャートの振り返りとあわせて、自分の手法で入れたポイントをチャート上から探し出します。

もし入れていないポイントがあれば、なぜ入れなかったのかを書き出します。

例えば、

  • 睡眠をとっていたから
  • 急落してきているところだったのでHighエントリーをするのが怖かった
  • 単純に見逃した

などの理由でエントリーできなかったとします。

次に書き出した理由が改善可能なのかどうかでふるい分けをします。

睡眠をとっていたから

睡眠は減らすわけにはいかないので、エントリーできなかった理由としては改善できないとしておきましょう。

急落してきているところだったのでHighエントリーをするのが怖かった

急落してきているときにHighエントリーができなかったのは「怖い」という感情にしたがったものなので、改善可能と判断できます。

改善可能であれば、改善方法を考えます。

感情によって躊躇したのであれば

改善方法
  • 取引金額を低くしてみる
  • 怖いと感じたら必ずエントリーする

などの改善方法が考えられるので、次週の取引から決めた改善方法を実行していきます。

単純に見逃した

単純に見逃したという理由は改善可能なので、見逃さないようにするための対策を考えます。

改善方法
  • アラートを設定する
  • エントリーポイントに近づいてきたらチャートに張り付く

などの対策を考えたら次週から実行していきます。

以上のように自分の取引の改善点を把握し、改善方法や対策を考えるための時間として土日を有効活用することができます。

自分の取引したポイント

自分の取引したポイントを振り返ることはとても重要です。

特に損失が出た取引にはいろいろなヒントが詰まっています。

損失が出た取引を見直すときは

  • エントリー根拠の確認
  • なぜ損失になったのか仮説を立てる

以上のような見直しを行います。

エントリー根拠の確認

どうしてそのポイントでエントリーをしたのかを、根拠から確認していきます。

例えば、画像のようなLowエントリーをして損失が出た場合。

バイナリー土日取引したポイント

エントリー根拠は

  • 下降トレンドが発生している
  • 白丸で移動平均線から下落している
  • 再度移動平均線で反発したことを確認してLowエントリー

エントリー根拠はあるので、なぜ損失になったのかを考え仮説を立てます。

バイナリー土日取引したポイント-2

青丸の安値を抜けて行くときに移動平均線まで戻らずに安値を抜けています。

安値抜けの値動きから、何か別のレジスタンスに反応して下げたのでしょう。

そこでトレンドラインを引いておきます。

次に赤丸の安値をつけた後、戻りがトレンドラインから入りますが安値抜けに失敗しています。

安値抜けに失敗した時点で再度トレンドラインに戻ってきたとしても、トレンドラインを上抜けてくる可能性があると予測可能です。

もし、トレンドラインを上抜けてくることがあれば、いったんは下降トレンドが一服する可能性もあるといえます。

したがって、「移動平均線からの下落はすんなりと下がらないのでは?」とも考えられます。

以上をまとめると、

仮説

戻りが入ったにも関わらず安値を抜けて行かないときは、下落が一服する可能性がある

との仮説が立てられます。

仮説が立てられたら、他の場面でも同じような動きが確認できるのかをチャートで確かめていきます。

もし他の場面でも高い確率で同じような動きを確認することができたのであれば、自分のルールに組み込んで実際の取引に活かすことが可能です。

ということで、自分の取引で損失が出たポイントを見直すことはとても重要なのです。

メンタルを整える土日の過ごし方

メンタルを整える土日の過ごし方として

  • 自分の感情をつねにモニタリングする
  • 呼吸を意識する

などがおすすめです。

自分の感情をつねにモニタリングする

取引において、自分の感情を常にモニタリングすることはとても重要です。

なぜなら、自分の感情を客観的にとらえられないからです。

例えば、取引に負けてイラっとしているときには、「次の取引では絶対勝ってやる」と考えがちです。

感情に基づいて行動を起こしてしまえば、行動が感情に振り回され、客観視するのが難しくなります。

自分の感情の変化に気づくこと

普段の生活から自分の感情を常にモニタリングするクセをつけておけば、

  • 今イラっとしたな
  • 今は焦っているな

など、ちょっとした自分の感情の変化に気づくことができます。

感情の変化に気づくことができれば、対処可能です。

例えば、事前にイラっと感じたらすぐに「取引を中断し部屋の中を歩き回る」というルールを設定しておきます。

すると取引であつくなっt頭をクールダウンすることができ、メンタル崩壊を回避することができます。

ですので、自分の感情を常にモニタリングすることはメンタルを整えるためにも有効な方法といえるのです。

呼吸を意識する

メンタルを整えるためにも呼吸を意識することが大切です。

損をしたり、取引がうまくいかなかったりするとストレスがかかります。

ストレスがかかっているときは呼吸が浅くなりがちです。

ですので、意識的に深く呼吸をしてメンタルを整える必要があります。

まずは土日だけでも呼吸に意識を向けて生活してみることをおすすめします。

勉強をする

継続的に勉強していくことはとても大切です。

勉強すればするほど自分に足りない知識や技術が見えてきます。

例えば、プロだからといって何も学ばずに慢心していれば、技術や能力を維持することはできません。

徐々に技術や能力は衰退していくことでしょう。

プロだからこそ勉強が必要なのであり、プロだからこそ勉強の必要性も認識しているともいえます。

だからこそ、プロのように稼ぎ続けていくことが目標であるならば、勉強を継続的にしていく必要があるのです。

まとめ

まとめ

バイナリーオプションの土日に関する情報や過ごし方についてまとめました。

市場が休みだからこそ取引以外のことを集中的に行えます。

常に取引をしているから取引がうまくなるのではなく、間違ったポイントを修正改善するからこそ取引がうまくなるのです。

改善点を把握するためのヒントが多く詰まっているものに、自分の取引履歴があげられます。

取引履歴の振り返りを行う際にとくに重要なのが、損失の出た取引です。

損失がでた取引を見直すことは苦痛でもありますが、あえて苦痛と向き合うことで大きな成長につながります。

しかし、そんな面倒なことをやるのはちょっと無理という方もいることでしょう。

そんな方のためにおすすめなのがサインツールです。

サインツールとは

  • 相場状況の判断
  • エントリータイミングの判断

などの取引における重要な分析を、あなたの代わりに行ってくれる便利なツールです。

サインツールを使えば多くの手間が排除できます。

そんなサインツールの中でも「THE KING」というサインツールをご紹介します。

THE KINGの主な特徴には以下のようなものがあります。

THE KING
  • 17通貨ペアに対応
  • FXにも対応(全通貨ペア)
  • 短期から長期様々な時間軸に対応
  • 相場状況に合わせたロジックを自動判別
  • サポートの充実

「THE KING」ではLINEでいつでも質問ができるので、勝てない状況を放置せずにスピーディーに原因解決することができます。

数量限定での配布になりますので、ご興味があれば早めにご確認ください。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。