バイナリーオプションで負けないリスクヘッジを7ルールで解説!プロなら100%実践する対処を紹介!

バイナリーオプションで負けないリスクヘッジを7ルールで解説!プロなら100%実践する対処を紹介!

バイナリーオプションで負けないためにプロが実践するリスクヘッジ7つのルールを解説します。

現状バイナリーオプションで勝てていない人は

  • 負けないためにするべきことが全然わからない
  • 負けないことと勝つための方法の違いがわからない
  • 負けた時の対処がわからない

などなど、負けを回避する明確な方法がわかっていません。

当記事では、プロが100%実践していると断言できる、負けないためのリスクヘッジ7つのルールを完全解説します。

初心者でも今日から使えるように細かく説明致しますので、是非最後までお読み下さい!

バイナリーオプションで負けないリスクヘッジを7ルールで解説

バイナリーオプションで負けない攻略方法を7ルールで解説.

バイナリーオプションで負けないためには、ずばりリスクヘッジをすることに尽きます。

具体的なプロが100%実践しているリスクヘッジ7ルールとして

  1. エントリー手法を絞る
  2. 時間帯によってトレードを避ける
  3. エントリーに根拠を持つ
  4. 自分の手法を検証をする
  5. 資金とメンタルの管理は必須
  6. 期待値と損益分岐点を理解する
  7. プロに質問できる環境を作る
上記をすべて意識すると負けないための準備が整うの☆
かてるちゃん
かてるちゃん

各々重要なリスクヘッジになりますので、しっかり確認して負けないトレードを実現しましょう。

①エントリー手法や相場・ポイントを絞る

エントリーする際には、あなたの中にあるエントリー手法や相場やポイントはしっかりと絞ることがリスクヘッジにつながります。

理由として、エントリーの基準が多すぎると迷いが生じてしまいやすいからです。
まなぶくん
まなぶくん
勝てる手法自体は無数にありますが、大事なのは「自分が勝てる手法なのか?」ということです。

というのも、人によってトレードする時間帯や通貨ペア、得意な相場環境など全然変わってきます。

まけるくん
まけるくん
しかし「これもあれも勝てるとされているので使おう!」と思ってしまうと、チャート分析時に意識が散漫になってしまうんだよ・・。

結果土壇場で曖昧になってしまい、勝てないポイントでエントリーしてしまうという現象が起こってしまいます。

ですので勝つためのトレードに全て合わせるのではなく、自分が勝ちやすい手法やポイントのみを使うことがリスクヘッジに繋がっていきます。

手法の選び方事例

手法を選ぶ際に意識すべき点が大きく分けて3点あります。

  • 相場の方向性
  • 取引時間
  • インジケーター

基本的には狙うエントリーの方向性によって手法が変わってくるため、最初に

  • 順張り
  • 逆張り

どちらでエントリーするかを定めましょう。

政岡吉宗
政岡吉宗
自身がより得意と思える手法を使うことで、負けないトレードに近づくぜ

順張りとは

投資手法(スタンス)の一種で、多くの買いが集まって株価などが上昇しているときに買い、逆に下落基調のときには売るという投資手法です。

引用:初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

つまり

  • 上昇中の相場でHighエントリー
  • 下降中の相場でLowエントリー

をするのが順張りとなります。

逆張りとは

投資手法(スタンス)の一種で、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法です。

引用:初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

つまり

  • 上昇中の相場でLowエントリー
  • 下降中の相場でHighエントリー

をするのが逆張りとなります。

取引時間

  • 順張りおすすめ時間は「22時〜翌2時」

22時〜翌2時頃は取引量が世界単位で大きくなります。

トレンド(相場が一方向に動く相場)が発生しやすくなるため、順張り狙いがおすすめです。
  • 逆張りおすすめ時間は「午前中〜17時」

午前中〜17時頃は取引量が少ない時間帯になるので、相場が荒れにくくなります。

つまりレンジ(相場が一定の値幅で上下する相場)が発生しやすくなるため、逆張り狙いがおすすめです。

使用するインジケーターは使用しやすいもの

最後に、自分の中で使いやすいインジケーターを使用しましょう。

そしてより負けを確実に減らすためには、最低でも2つ以上のインジケーターの組み合わせでのエントリーをおすすめします☆
かてるちゃん
かてるちゃん

インジケーター組み合わせのおすすめはこちらの記事で詳しく解説しています。

バイナリーオプションで最も勝率が高いインジケーターの組み合わせをズバっと解説!

②トレードでは避ける時間帯やタイミングがある

負けないためには、動きが読みづらいトレードの時間帯やタイミングを意識して避けることでリスクヘッジにつながります。

そしてバイナリーオプションをする上で避けるべき時間帯は

  • 相場がオープンしてから30分後まで
  • 経済指標のタイミング

の2つは避けるのが無難です。

相場オープン直後

相場がオープンしてから30分後までは、相場の動きが荒れやすくなるため避けましょう。

また、相場環境には時間帯や日にちによって特徴もあります。

経済指標に関しては日々変化するものなので、こまめに確認し避けることで負けるトレードを無くせます。

経済指標を確認できるサイトとしてオススメなのがYahoo!ファイナンスになります。

日付順に表で一覧となっており、重要度ごとに★で表記されていますので、まずは最も重要な★★★をしっかり押さえておきましょう。

③チャートをテクニカル分析して根拠のあるエントリーのみ行う

チャートをテクニカル分析で、根拠のあるエントリーのみに絞ってトレードすることで、リスクヘッジへつながります。

テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。

引用:テクニカル分析とは?|マネックス証券

大前提の話として、根拠のないエントリーとはギャンブルと同じなので、必ず負けてしまいます。

まなぶくん
まなぶくん
必ずチャートを分析し、根拠を持ってエントリーすることで負けないトレードに近づいていきますよ。
そしてバイナリーオプションはテクニカル分析以外で勝とうとしないことが大切です。

FXではよくファンダメンタル分析だけを狙う人がいますが、バイナリーオプションでは向いていません。

ファンダメンタル分析とは?

相場の大きな方向性を掴むために景気動向、金融政策、財政政策等の変化が市場全体にどのような影響を及ぼすのかを分析するものです。

引用:ファンダメンタル分析とは?|マネックス証券

ファンダメンタル分析でよく使われがちなのが

  • ゴトー日(5と10の倍数のつく日で大きくトレンドが起こりやすい日)
  • 経済指標(雇用統計など経済に大きく影響をもたらすタイミング)

などです。

バイナリーオプションでファンダメンタル分析を推奨しない理由は、バイナリーオプションの利益額の決まり方にあります。

たとえば、FXの場合は値幅を大きく取って勝つことで利益も大きくなります。

しかしバイナリーオプションの場合、値幅を大きく取ったとしても、1エントリーで1勝にしかなりません。

さらにファンダメンタルが絡むタイミングは大口投資家が相場を読み合っているため、相場が素直に動かないことも多いです。

ですので値幅が大きくても小さくても利益が変わらないのであれば、安定した相場でトレードする方がリスクヘッジに繋がるのです。

ということで、バイナリーオプションでファンダメンタルは避けることが負けないトレードに近づくと言えます。

④デモやバックテストで検証・実践して経験を積む

デモやバックテストで自身の手法やトレードを検証することが、リスクヘッジへとつながります。

仮に検証を一切せずにいきなりリアルマネーでトレードすると、

  • 慣れていないことでの無駄なミスが起きやすい
  • そもそも勝率の低いエントリーを繰り返す可能性がある
  • トレードに慣れておらず感情を持ち込みやすくなる

などというデメリットがあり、負けが必然となってしまいます。

政岡吉宗
政岡吉宗
だから、必ずデモとバックテストで勝率が高い手法のみをリアルトレードで使うようにしよう!

さらに言えば、デモで大勝ちできたからといって、リアルでも大勝ちを確実にできるわけではありません。

デモとリアルではチャート画面が同じでも明確な違いがあります。

デモにはないリアルトレードの特徴として

  • レート急変による約定拒否
  • エントリーポイントのずれ
  • メンタル的要因

などが重なり、勝率はリアルトレードの方が必ず下がります。

ですので、デモトレードでは余裕で勝てているというくらいの自身ある手法のみ、リアルトレードで使用することで負けないトレードに近づいていきますよ。

⑤資金とメンタル管理は怠らない

投資において、自分の資金とメンタルを計画的に管理することがリスクヘッジへとつながります。

たとえば具体的なシチュエーションを想像してみてもらいたいのですが

  • 軍資金が大きく減った
  • 取り返そうとしたら軍資金が枯渇してしまった

という時、一切動じず冷静にいられるでしょうか?

まけるくん
まけるくん
なかなか難しいです・・!!

ということで、負けに慣れていないとメンタルに大きく影響が出るのは避けられません。

気がついたら資金がなくなっていた!とならないよう、収支は全てデータに取っておきましょう。
同時にトレードの具体的状況も記載しておくと、さらにデータとしての信憑性が高くなりますね。
サーチくん
サーチくん

過去の収支データや取引を分析することで、勝ち負けの原因を明確に知ることができ、負けないトレードに繋がるのです。

初心者が負ける資金管理の例

よく紹介される資金管理の方法として、カジノなどにも用いられる「マーチンゲール法」があります。

マーチンゲール法解説

マーチンゲール法とは、負ける度に掛け金を2倍にして勝つまでエントリーする方法です。

マーチンゲール法を使えば最終的に1回の勝利で、負け分を全額取り戻しつつ、初回ベット額の2倍の金額が返ってきます。

しかし、落とし穴としては、「連敗が続いたら最終的なベット額が莫大になる」場合があるんです・・。
まけるくん
まけるくん

たとえば最初の掛け金が1,000円だったとしても、10連敗すると全額取り戻すためには512,000円必要となります。

たった1000円儲かるという勝負に50万円以上をかけなければならなくなった時、あなたはベットすることができるでしょうか?

まなぶくん
まなぶくん
仮にベットできたとしても、精神状況は果たして冷静を保てているのでしょうか?

多くの場合金額が大きくなりすぎて途中で怯んでしまい、多額の資金がマイナスとなってしまいます。

ですのでマーチンゲール法は十分な資金がないとなかなか手を出せない、ギャンブル的な手法です。

リスクヘッジを考えるならば、連敗数に上限を決めておくことをおすすめします。

初心者が負け続けてしまう典型的なメンタル崩壊事例

初心者がメンタル崩壊しがちな状況が、「負け分を取り返そうとする行為」です。

たとえば1,000円のベットで3連敗してしまった時、「次のベットで3,000円かけて取り戻してしまおう」という考え方です。

仮に勝負に負けてしまうと-6,000円となり、さらに熱くなって倍がけをしてしまう…となると、「破産」さえも見えてきます。

マーチンゲール法のようなシステマチックな倍がけよりも危険な「気分でベット額を変える」という行為はメンタル崩壊の引き金となります。

破産してしまう前に「取り返そう」という気持ちを排除して、負けないトレードができるように気をつけましょう。

⑥期待値と勝率(損益分岐点)を理解する

期待値と勝率(損益分岐点)を理解していないと、自分が勝てるトレードができているかが把握できず、知らずのうちに負けてしまいます。

つまりリスクヘッジができているどころか、リスクさえわかっていないという状況です。

勝つか負けるかわからない勝負はつまりギャンブルですので、投資としてバイナリーオプションをするならば必ず期待値・勝率・損益分岐点を覚えておきましょう。

期待値計算の方法

期待値とは、とある試行を行った際に結果として得られる平均値の値です。

  • 期待値=(取引金額×利益率×勝率)−(取引額×負率)

期待値が仮にプラスであれば、エントリーを続ければ続けるほど利益が増え続ける計算になります。

利益率とは

  • 1ベット1,000円でペイアウト率が1.8倍の取引をしたとします。
  • 勝った場合は、1800円が手元に戻ってきます。
  • ベット額を引いた純利益は800円なので利益率は0.8となります。
政岡吉宗
政岡吉宗
利益率の出し方がわかったところで、期待値を計算してみよう!

仮に取引額1,000円、勝率70%、ペイアウト率1,8倍の取引をした場合の期待値を計算してみます。

期待値計算の公式に当てはめると

(1000円(取引額)×0.8(ペイアウト率)×70%(勝率))-(1,000円(取引額)×30%(負率))=+260円

となり「期待値は1ベットあたり+260円ずつ稼げる」と考えられます。

今度は、取引額1,000円、勝率50%、ペイアウト率1,8倍の取引をしたとします。

(1,000円×0.8×50%)-(1000円×50%)=-100円

期待値は「1ベットごとに-100円失い続ける」ということになりました。

ということで、期待値がプラスのトレードを理解して実行しなければ長い目で見て勝ち続けることができない、ということになります。

損益分岐点の計算方法

損益分岐点とは言葉通り、損益が分岐する点です。

まなぶくん
まなぶくん
バイナリーオプションで言えば「トレードの勝率が何%あれば利益になるか?」という風に考えられます。

損益分岐点計算方法

  • 損益分岐点=100÷ペイアウト率

仮にバイナリーオプションでペイアウト率2.0倍の取引だとすると、損益分岐点は100÷2=50となり、

ペイアウト率2倍ならばトレードが50%の勝率があれば利益を出せることを意味しているのね☆
かてるちゃん
かてるちゃん
まなぶくん
まなぶくん
もしペイアウト率が1.8倍の場合では?

100÷1.8=55.5%

つまりペイアウト率1.8倍ならば「勝率が55.5%あれば資金はプラス」になるということです。

期待値と損益分岐点の計算方法がわかれば、確実に負けないトレードを追求していくことが可能です。

⑦バイナリーオプションプロに質問できる環境を作る

バイナリーオプションでしっかりと勝てているプロに相談すれば

  • エントリーポイントの添削をしてもらえる
  • 精神面での支えになる

という2点がかなり大きく、負けないための直接的なアドバイスをもらえます。

一方、独学の場合だと、全てにおいて客観的判断がしづらいです・・!

まけるくん
まけるくん

現状プロに質問できる環境がない場合は、バイナリーオプションのプロである僕、キングに直接質問できるLINE公式アカウントからご質問することをおすすめします。

政岡吉宗
政岡吉宗
疑問・質問はLINEにてご連絡をいただければ、最速でお返事します。お気軽にお問い合わせくださいね

そしてもう一つは、「僕の推奨しているシグナルツール自身の裁量を併用」して実践を積み重ねることです。

シグナルツールでプロ視点での取引を学びながらお金を稼ぎ、裁量取引で試行錯誤を重ねながら後の取引を確立することができます。

僕が開発したシグナルツール「THE KING」は

  • 2年間の年月
  • 2000万円のコスト

をかけ、最高のクオリティになったシステムです。

シグナルツールで安定して利益を出すのはもちろんのこと、裁量取引でも勝っていきたいあなたには必要不可欠なものです。

スピードをもって稼いでいくためにも、早くに「THE KING」を手にすることをオススメします。

政岡LINEバナー

まとめ

まとめ

バイナリーオプションで負けないためのリスクヘッジ7ルールについて解説しました。

当記事の7つのルールを完璧に実行すれば、収支は最低でもトントンのレベルに持っていけます。

  1. エントリー手法を絞る
  2. 時間帯によってトレードを避ける
  3. エントリーに根拠を持つ
  4. 常に検証をする
  5. 資金とメンタルの管理は必須
  6. 期待値と損益分岐点を理解する
  7. プロに質問できる環境を作る

はっきり言って上記7ルールをできていない投資家が世の9割以上を占めるため、あなたは実践するだけですぐに負けないトレードが実現します。

ぜひ今日から試してみていただき、わからない点はいつでもLINEにご相談くださいね。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。