バイナリーオプションの1時間取引を完全攻略!初心者でもここだけ狙えば余裕で勝てる!

バイナリーオプションの1時間取引を完全攻略!初心者でもここだけ狙えば余裕で勝てる!

バイナリーオプションでなかなか勝てないときは、1時間取引がおすすめです。

とはいえ、

疑問
  • 1時間取引がどんなものなのかわからない
  • 1時間取引をやるメリットデメリットは?
  • どうやって1時間取引をやれば勝てるの?

という方もいると思います。

そこでこの記事では、1時間取引の基本からメリット・デメリット、攻略法までをお伝えしています。

具体的内容
  • バイナリーオプション1時間取引の基本解説
  • バイナリーオプション1時間取引を使うメリット・デメリット
  • バイナリーオプション1時間取引のおすすめ攻略法

などの解説をしています。

バイナリーオプションでなかなか勝てない方の参考になるので、まずはご一読を!

バイナリーオプション1時間取引の基本解説

バイナリーオプション1時間取引の基本解説

バイナリーオプション1時間取引の基本について

ポイント
  • 1時間取引の特徴を解説
  • 取引時間帯と通貨ペアのおすすめ

という2つに分けて解説します。

1時間取引の特徴を解説

1時間取引の特徴は

1時間取引の特徴
  • 取引時間の長さ
  • ペイアウト率が比較的高いこと

の2つがあげられます。

取引時間の長さ

1時間取引の判定時間は1時間おきの00分となります。

例えば10時00分、19時00分などです。

取引時間が長いということはつまり、1分や5分などの短時間取引に比べて「大きな値動きを予想する必要がある」ということです。

また短期取引と比べて売買戦略も異なる戦略を持って挑む必要があります。

ペイアウト率が比較的高いこと

1時間取引は比較的ペイアウト率が高いことが挙げられます。

たとえばTurbo5分やHighLow15分はペイアウト率が1.85倍ですが、対して

1時間取引のペイアウト率
  • Highlow取引:1.90倍
  • Highlowスプレッド取引:2.00倍

以上のように比較的高いペイアウト率で取引することができます。

取引時間帯と通貨ペアのおすすめ

1時間取引にマッチした取引時間帯と通貨ペアのおすすめは

取引時間帯と通貨ペア
  • 取引時間帯:欧州時間~NY時間
  • 通貨ペア:流動性の高い通貨ペア

の2つについて解説していきます。

取引時間帯

1時間取引を行う場合は、値動きが大きくなりやすい時間帯が有利です。

政岡吉宗
政岡吉宗
というのも、細かいレンジで動いているような時間帯では方向性の予測が難しいからなんだ。

また、流動性の低い時間帯では値動きが荒くなってしまい、細かいレンジ同様値動きの予測が難しくなります。

だから、ある程度方向性がでて流動性も高い時間、たとえば欧州時間~NY時間などがおすすめなんですね。
サーチくん
サーチくん

流動性の高い通貨ペア

取引通貨ペアに関しても流動性の高い通貨ペアを選択します。

なぜなら、流動性の低い通貨ペアを選択すると値動きが荒くなり、安定した方向性が出にくいからです。

だから、流動性の高い通貨ペアの選択がおすすめなの☆
かてるちゃん
かてるちゃん
おすすめの通貨ペア
  • EUR/USD (ユーロ/米ドル)
  • USD/JPY (米ドル/日本円)
  • GBP/USD (英ポンド/米ドル)
  • AUD/USD (豪ドル/米ドル)
  • USD/CAD (米ドル/カナダドル)

以上の通貨ペアが1時間取引の使用にておすすめです。

バイナリーオプション1時間取引を使うメリット・デメリット

バイナリーオプション1時間取引を使うメリット・デメリット

1時間取引の特徴によって

ポイント
  • メリット
  • デメリット

が分かれますので、それぞれ3つずつ解説します。

メリットは上手に活かし、デメリットはできる範囲内での対策を施すことで1時間取引を十分に活用することができます。

メリット

1時間取引のメリットは

1時間取引のメリット
  • 転売ができる
  • タイミングをじっくりと計れる
  • 無駄な売買が減る

の3つが挙げられますので、1つずつ解説していきます。

転売ができる

転売ができることは1時間取引のメリットです。

なぜなら短時間取引に比べて1時間取引では転売までの時間的余裕があることからです。

転売とは判定時間になる前に決済して損益を確定させることを指します。
時間的余裕があれば1回1回の取引でしっかりとした戦略が立てられますね。
サーチくん
サーチくん

それに加えて判定時間まで待たなくとも、勝てる可能性の低い取引では途中転売して損失を小さく確定させることも可能です。

タイミングを計れる

1時間取引では時間的に余裕があるため、その時間内でタイミングを計った取引が行えます。

バイナリー1時間取引タイミング

例えば上の画像の

ポイント
  • 黒ラインが1時間足の値動き
  • 赤のラインが5分足の値動き
  • 1時間足での押し目が青丸のポイント

とした場合、「5分足のレートがエントリーポイントに到達したからといってすぐにエントリーする」というわけではありません。

実際に取引する場合は反転のタイミングを計ってエントリーします。
だから、1時間取引でタイミングをじっくり計れることはメリットなのね☆
かてるちゃん
かてるちゃん

無駄な売買が減る

1時間取引では無駄な売買が減ります。

なぜなら1回の取引にかけられる時間が増えるので、しっかりとした根拠をもとに取引を行うことができるからです。
まなぶくん
まなぶくん
つまり売買回数が減る=チャンスを逃すというわけではなく、むしろ売買回数の低下は勝率のアップにつながります。

デメリット

1時間取引のデメリットは

  • チャンスが少なくなる
  • 利幅が大きくなるが利益は増えない
  • しっかりとした戦略を立てなければならない

の3つが挙げられますので、1つずつ解説していきます。

チャンスが少なくなる

1時間取引では短時間取引と比べると確かにチャンスは少なくなります。

政岡吉宗
政岡吉宗
特に的確な判断ができるような上級者にとっては、チャンスが少なくなりデメリットと捉える人もいるんだ。
一方、勝てない人の場合はチャンスが少なくなることは、逆にメリットになるともいえます。

したがって、初心者と上級者によってメリットにもデメリットにもなり得るということです。

利幅が大きくなるが利益は増えない

1時間取引では利幅が大きくなりますが、最大の利益額は増えません。

利幅とはFXでよく用いられる言葉で、「値がどれくらい動いたのかの幅」です。

しかしバイナリーオプションの場合「ペイアウト率によって最大利益額が決定」しており、利幅は利益に関係ありません。

したがって、1時間取引の特徴である「利幅が大きくなる」ことはバイナリーオプションにとって意味をなさないことになり

政岡吉宗
政岡吉宗
「FXをやっておけばもっと儲かったのに」という結論になってしまうんだ。

しっかりとした戦略を立てなければならない

1時間取引を行う場合は、しっかりと戦略を立てて取引をしなければなりません。

というのも、1時間取引では短期に比べて「大きな値動きを狙う必要がある」からです。

たとえば

  • 1分のローソク足で相場を見る
  • 1時間のローソク足で相場を見る

という2つで何が違うかというと「値動きの大きさ」です。

値動きが大きくなるタイミングではより強い根拠が求められるため、1時間取引はしっかりとした戦略のもと使わなければデメリットになってしまいます。

バイナリーオプション1時間取引のおすすめ攻略法

バイナリーオプション1時間取引のおすすめ攻略法

バイナリーオプション1時間取引のおすすめ攻略法として、

ポイント
  • トレンド相場
  • レンジ相場
  • 取引時間を使った狙い方
  • 転売でのリスクヘッジ手法

という4つに分けて解説します。

トレンド相場の狙い方

トレンド相場での狙い方として

トレンド相場
  • 押し目戻り目からの順張り
  • 高値安値のブレイク

を狙っていきます。

押し目戻り目からの順張り

押し目戻り目の順張りでは

順張り
  • エントリーポイントには1時間足を使う
  • エントリータイミングには5分足を使う

以上のようなポイント把握とタイミング把握が必要です。

エントリーポイントの把握では1時間足を使います。

まなぶくん
まなぶくん
なぜなら、短い時間足で押し目戻り目を把握するよりも、1時間足で押し目戻り目を把握した方がより反応しやすくなるからです。

例えば、 中長期トレーダーは5分足をあまり見ませんが、短期トレーダーは1時間以上の足も確認しています。

したがって、短期足よりも監視している人が多くなるため機能しやすくなるのです。

1時間足のエントリーポイント

バイナリー1時間取引順張り1H

1時間足で見た場合のエントリーポイントとして1~4までの順張りポイントがあります。

エントリーポイント
  1. レンジ下限のブレイクポイント
  2. 戻りのポイント
  3. 安値のブレイクポイント
  4. 戻りのポイント

エントリーポイントの把握ができたら、次は5分足でエントリータイミングを計ります。

5分足のエントリータイミング

バイナリー1時間取引順張り5M-1

【エントリーポイント1】

ブレイクではしっかり抜けるのを確認する必要があるため、5分足の確定足で抜けの確認を行います。

上の画像では5分足の確定足でしっかりと水平線を抜けてきているので、次の足でエントリーします。

その後大きく下げているので取引時間まで保有可能です。

バイナリー1時間取引順張り

【エントリーポイント2】

1時間足のエントリーポイント2では1時間足の移動平均線が絡んできます。(白四角のポイント)

まなぶくん
まなぶくん
1時間足では移動平均線がレジスタンスとして機能していたので、再度1時間足の移動平均線が機能すればLowエントリーができるポイントですね。

しかし、上の5分足画像からわかるように1時間足の移動平均線は意識されていません。(赤の移動平均線が1時間足の移動平均線)

ですので、次のポイントからのエントリーを考えます。

赤の水平線がレンジ下限なので、そこからの戻りを狙っていきます。

この時に5分足では上昇トレンドが発生しているので、5分足の移動平均線の抜けを確認してからのLowエントリーです。

【エントリーポイント3】

エントリーポイント3は安値のブレイクです。

ブレイクでは抜けを判断をするために5分足の確定を待ちます。

すると、足の長さが短かったり大きな下ヒゲを引いているなど、しっかりとした抜けが確認できません。

しかし、次の足で実体が長い陰線が確定するので、そこからLowエントリーです。

このポイントのLowエントリーではすぐに下落することを予測してエントリーしたので、反転上昇した時点で損切りも可能ですね。
サーチくん
サーチくん

その後のLowエントリーのタイミングとして5分足の直近安値をしっかり抜けてきたことを確認してからのLowエントリーもできます。

ただし、このポイントで入っていくためには

ポイント
  • 1時間足で下降トレンドが確認できている
  • 5分足でもトレンドの継続が確認できている
  • 取引時間がある程度残っている

などの条件を確認しなければなりません。

バイナリー1時間取引順張り5M-3

【エントリーポイント4】

1時間足の戻りのポイントです。

エントリー手順は

ポイント
  •  前回安値のポイントまで戻ってきてレジスタンスされるかどうか
  • サポートを確認する
  • サポートを抜けたタイミングでLowエントリー

上の画像を見てもわかるように上昇時のサポートは移動平均線ではないので、トレンドラインを引いて抜けのタイミングを計ります。

まけるくん
まけるくん
この取引はぎりぎりで負けという感じですぅ。
このように負けは必ず発生するので、負けることも常に考えて取引していきましょう。
政岡吉宗
政岡吉宗
事前に負けることも想定しておくことで、実際に負けたときに感情の高ぶりを抑えることができるんだ。

レンジ相場の狙い方

レンジ相場の狙い方は上下限からの逆張りです。

バイナリー1時間取引レンジ1H

上の画像は1時間足で、それぞれのラインは

ポイント
  • 青の移動平均線:1時間足の移動平均線
  • 赤の移動平均線:4時間足の移動平均線
  • 赤の垂直線を現在値として戦略を考える

戦略として

戦略
  • 1時間足、4時間足の移動平均線は横ばいなのでレンジと考える
  • レンジの上下限は白のライン付近
  • 逆張りするなら白の四角で囲った1と2のポイント
  • 安値が切り上がっていることにも注意(サポートとして機能する場合もある)

以上のような戦略が立てられます。

続いてエントリータイミングは5分足で計ります。

エントリーポイント1

エントリーポイント1でのエントリータイミングを5分足で確認しましょう。

バイナリー1時間取引レンジ5M-1

左の青丸ポイントでは、5分足の移動平均線の抜けを確認できる頃には大きく下げすぎています。

それに、残り時間も少ないのでエントリーを見送ります。

右のポイントではレンジの上限まで届かないものの、大きな上髭を出していて下げそうな感じもあります。

レンジの上限に届かず反転することもあるので、Lowエントリーを狙っていけそうなポイントです。

右の青丸ポイントではレジスタンスされただけでなので、サポートの確認をする必要があります。

すると赤の移動平均線(1時間足の移動平均線)でサポートされて上昇しているため、サポートを割ったタイミングでLowエントリーを行います。

エントリーポイント2

エントリーポイント2でのエントリータイミングを5分足で確認します。

バイナリー1時間取引レンジ5M-2

上昇トレンドが発生していることがわかりますので、サポートの確認が必要です。

通常ならサポートとして機能している移動平均線かトレンドラインを抜けてからエントリーします。

しかし、上の画像ではすぐ下にある白の水平線がサポートとして機能しています。

白の水平線は前回までレジスタンスとして機能していたラインなので、上抜けてくればサポートとして機能してくる可能性が高いラインです。
まなぶくん
まなぶくん
ですので、移動平均線やトレンドラインを抜けても白の水平線が近くにある場合は反発が予測されるので注意が必要です。

このようにレジスタンスだけでなく、サポートの確認も行うことで、ある程度の値動きが予測できます。

したがって、エントリーポイント2でのLowエントリーは見送ることになります。

取引時間を使った狙い方

取引時間を使った狙い方として

ポイント
  • ゴトー日の仲値
  • ロンドンフィックス

などの特定の時間帯での値動きを期待して取引する方法もあります。

ゴトー日の仲値

ゴトー日とは5の倍数の日のことです。

ゴトー日

例えば、5日、10日、15日、20日、25日、30日などです。

土日祝日がゴトー日のときは、金曜日に前倒しされます。

ゴトー日は企業の決算日と重なることが多いので、米ドルが買われやすい傾向にあります。

仲値

仲値とは銀行などの金融機関が外貨取引をする際の基準となるレートのことです。

仲値は毎朝9時55分の為替レートを参考に金融機関が決定します。

以上のようにゴトー日には米ドルの需要が高まります。

銀行は少しでも安く米ドルを仕入れるために、仲値が決まる前までに仕入れを済ませようとします。

そのためゴトー日の仲値では米ドル高が進む傾向があるのです。

ロンドンフィックス

ロンドンフィックスとは、東京時間の仲値に相当する時間で外貨取引の基準レートを決めるための時間です。

  • 夏時間:日本時間午前0時
  • 冬時間:日本時間午前1時
政岡吉宗
政岡吉宗
ロンドンフィックスでは様々な思惑が働くため値動きが激しくなるんだ。

ただ、値動きが激しい時間帯は方向性の把握が難しく難易度が上がるため、初心者は避けたほうが無難な時間帯ともいえます。

転売でのリスクヘッジ手法も使える

転売をリスクヘッジの手段としても使えます。

リスクヘッジとは起こりうるリスクに対して、対応できるように対策を整えておくことです。

1時間取引のリスクとして、ポジションの保有時間が長いことがあげられます。

保有時間の長さがなぜリスクになるかというと、「保有が長ければ長いほど値動きの予測が想定外になるリスクが高まるから」
サーチくん
サーチくん

例えば、1時間取引でLowエントリーしていたときに、価格が下落して利益になっていたとしても、長い時間保有していることで価格が反転上昇してしまうこともあります。

価格が反転上昇してエントリーしたポイントを上抜けた状態で判定時間を迎えれば、損失になってしまいます。

また、転売すれば損失を抑えることができる場合でも、判定時間まで待っていれば購入額全額が損失になってしまいます。

このようなリスクに備えるためにも転売は有効です。

つまり、ペイアウトと購入額の範囲内であればリスク調整ができるということね☆
かてるちゃん
かてるちゃん

したがって、

ポイント
  • 勝てる可能性の低い取引では細かく損失を出す
  • 勝てる可能性の高い取引では判定時間まで待って満額のペイアウトを受ける

以上のように転売を上手に使えば、リスクヘッジになりトータルでも勝ちやすくなります。

バイナリーオプション1時間取引のまとめ

バイナリーオプション1時間取引のまとめ

1時間取引の基本からメリット・デメリットに加えて、具体的な攻略法までお伝えしてきました。

政岡吉宗
政岡吉宗
1時間取引はただ単に長い取引というわけではなく、「長い時間を有効活用できるかどうか」で結果は大きく変わってくるんだ。
つまり、短時間取引よりも戦略が功を奏する取引時間ともいえます。
戦略がしっかり立てられていれば、取引実行時には何も考えずにクリックするだけという状態の構築ができるようになるんですよ。
まなぶくん
まなぶくん
しかし、戦略をしっかり立てることはすぐにできるものではなく、経験や知識が必要です。

経験や知識がなくともすぐに戦略に基づいたポイント把握ができるものにサインツールがあります。

サインツールの中でも「THE KING」というサインツールがあります。

THE KINGの主な特徴は

THE KINGの特徴
  • 17通貨ペアに対応
  • FXにも対応(全通貨ペア)
  • 短期から長期様々な時間軸に対応
  • 相場状況に合わせたロジックを自動判別
  • サポートの充実

などがあります。

以上のような特徴の中でも「相場状況に合わせたロジックを自動判別」してくれる機能があるので、経験や知識がなくとも「相場状況」の把握が可能です。

数量限定での配布になりますので、気になる場合は早めにご確認いただくことをおすすめします。

ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。