バイナリーオプションはボリンジャーバンド3σ逆張りで勝てるは大嘘!正しい勝ち方を解説

バイナリーオプションはボリンジャーバンド3σ逆張りで勝てるは大嘘!正しい勝ち方を解説

バイナリーオプションにおいて、ボリンジャーバンドの3σタッチでの逆張りを狙えば勝てると思っていると、非常に痛い目をみます。

確かに3σの反発率は99.7%とされていますが、そんなにシンプルに勝てるのでしょうか?

実際は「落とし穴」が存在しているのです…

とはいっても、

  • どうして99.7%で反転する3σタッチの逆張りで負けるのか
  • 正しく3σを読み解く方法とは何か

と思ってしまうのは避けられません。

そこでこの記事では、ボリンジャーバンドにまつわる正しい勝ち方について完全解説します。

具体的には、

  • ボリンジャーバンドの3σ必勝法の嘘について
  • ボリンジャーバンドの基本解説と正しい勝ち方
  • ボリンジャーバンドのMT4設定

を分かりやすく解説します。

まだボリンジャーバンドを使ったことがないあなたでも、基礎的な設定方法から、正しく勝てる方法をまで学ぶことができますので、最後までご覧ください!

バイナリーオプションのボリンジャーバンド3σ必勝法の嘘について

バイナリーオプションのボリンジャーバンド3σ必勝法の嘘について

ボリンジャーバンドの3σタッチでの逆張りエントリーによって勝つことはできません。

実は初心者を狙った業者や会社がダマシに使うために用いられる手法なんだ
プロトレーダーキング
プロトレーダーキング

そもそも3σタッチでの逆張りとはどのようなものかを説明します。

まず、ボリンジャーバンドにおいて言われていることが、上下の線の中にチャートが収まる確率です。

ボリンジャーバンドの説明
上から赤い線が+3σ、青い線が+2σ、黄色い線が+1σです。

真ん中に中心線があり、その下から黄色い線が-1σ、青い線が-2σ、赤い線が-1σとなります。

ボリンジャーバンドは統計上から、それぞれの線の中にチャートが収まる確率が理論化されているんですよね。
まなぶくん
まなぶくん

上下線でチャートが収まる確率

  • ±1σ=約68.3%
  • ±2σ=約95.4%
  • ±3σ=約99.7%
この確率から±3σにチャートがタッチした瞬間に逆張りすれば、99%の確率で勝てるといった手法が3σタッチでの逆張りよね☆
かてるちゃん
かてるちゃん

逆張りとは

  • 相場の流れに反してエントリーをすること
  • 上昇相場において売りとなり、下降相場において買いとなる

ここまで読まれて、±3σタッチで約99.7%の確率で反発するなら勝てそうと思われましたか?

それは約99.7%という数値に騙されているだけです。

なぜかというと、ボリンジャーバンド自体がローソク足が動く度に変化し続けているからです。

あくまで、現時点の価格においての確率となります。

ボリンジャーバンドのリアルタイムでの更新
値動きがあればボリンジャーバンドも広がり、常にその時点での確率が更新され続けます。

必ずしも反発して戻ってくるわけではないので、このままエントリーをしていたら負け続けてしまいます。

このように、ボリンジャーバンドの確率を使われることで、知識のない初心者は騙されやすくなります。
ボリンジャーバンドの確率だけに囚われないよう注意が必要です。

ボリンジャーバンドのみで勝つのは難しい理由

ボリンジャーバンドはリアルタイムの価格の動きによって大きく影響を受けやすいインジケーターになります。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
そのため、ボリンジャーバンドのみでは根拠としては弱いんだ。

ボリンジャーバンドのみでのエントリー後に、チャートの動きによってボリンジャーバンド自体が変化することは多々ありますので注意が必要です。

偏差での反発は他の状況も照らし合わせないと騙される

ボリンジャーバンドの僅差での反発確認1
このようなタイミングで僅差のエントリーを狙ったとします。

確かにこのタイミングでは、しっかり反発しております。

ボリンジャーバンドの僅差での反発確認2

ただ、この次のローソク足で99.7%とされる僅差を超えてしまっています。

最終的には僅差の内側に収まったものの、このように超えてしまった箇所がある時点で負けるリスクでしかありません。

このような状況でエントリーする場合は、ボリンジャーバンドだけで反発を確認するのではなく、他のインジケーターでも反発の可能性が高いかを確認しましょう。
他のオシレーター系(逆張り用)インジケーターにおいても反発が確認できるようであれば、根拠として強くなりますよね。
サーチくん
サーチくん

そこで初めてエントリーを選択肢にしましょう。

トレンドをしっかり見極めないと騙される

ボリンジャーバンドのトレンド確認1
ここも+2σの僅差で数回反発しているので、ボリンジャーバンドにおいてはエントリータイミングとしてなり得ます。

ボリンジャーバンドのトレンド確認2
一度は反発したものの、結果的にはチャートは上昇をしてしまいました。

下降した理由としてはこの相場においては、上昇トレンドだったことが要因になります。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
このようにトレンドをしっかり判断して、相場の方向性を認識できないと騙されてしまいますのでしっかりと注意をしよう!

ボリンジャーバンドの基本解説と正しい勝ち方

ボリンジャーバンドの基本解説と正しい勝ち方

ボリンジャーバンド
全部で7本の線が表示され、真ん中の赤い線が中心線です。

ボリンジャーバンドはこの中心線を軸に、チャートの値動きの幅を予想する変動幅の線(バンド)が上下に入ったインジケーターになります。

統計学の正規分布と標準偏差を用いて変動幅を予想するものとなります。

中心線の外側にある黄色い線が偏差±1σになり、その外側の青い線が偏差±2σ、その外側の赤い線が偏差±3σになります。

それぞれの偏差におけるチャートが収まる確率は決まっており、

  • ±1σ=約68.3%
  • ±2σ=約95.4%
  • ±3σ=約99.7%

となります。

初心者の方はこの確率をみて、この偏差での反発した時を狙えば確率的に勝てるのではないかと勘違いされます。

この反発を狙ったシンプルな手法も存在しますが、基本的にはこれだけを見て狙っても勝てません。
数値から容易に狙いやすく手法ではありますが、騙されないように気をつけてください!
まけるくん
まけるくん

ボリンジャーバンドの見方

チャートの動きに伴って偏差も動き、チャートの値動きが激しいと偏差も幅も大きく広がります。

ボリンジャーバンドの見方1
上記の赤枠のようなボリンジャーバンドの場合、現在のチャートは上昇が強いので、偏差の確率に基づいて今後は下降を狙う判断ができます。

逆に上記の青枠のようなボリンジャーバンドの場合は、現在のチャートは下降が強いので、偏差の確率に基づいて今後は上昇を狙う判断ができます。

ボリンジャーバンドの見方2
また上記の赤枠のようなボリンジャーバンドの場合、現在のチャートは上昇が強いので、そのままチャートの勢いに乗る形でより上昇を狙う判断ができます。

逆に上記の青枠のようなボリンジャーバンドの場合は、現在のチャートは下降が強いので、そのままチャートの勢いに乗る形でより下降を狙う判断ができます。

このように、ボリンジャーバンドはボリンジャーバンドの指標とチャートの動きとの規則性が重要になります。

特に重要なのが、スクイーズ・「エクスパンション・「バンドウォーク」になりますので、それぞれ解説します。

スクイーズ

スクイーズ説明
上記のように、もみ合い相場においてボリンジャーバンドの幅が縮小している状態のことを指します。

特徴は、偏差の+圏、-圏関係なく上下にチャートが動くこと!
サーチくん
サーチくん

また、今後のトレンドへの準備段階になります。

スクイーズエントリー1
スクイーズ時におけるエントリー法としては、上記のように±3σでの反発を狙った逆張りの手法となります。

注意点としては、ボリンジャーバンドがしっかり平行に推移しており、チャートももみ合い相場が確認されるときになります。

スクイーズエントリー2
もう一つのエントリー法としては、ボリンジャーバンドが広がり始めた瞬間のエントリーになります。

もみ合い相場から、トレンド相場に切り替わるタイミングを示唆してるんだね☆
かてるちゃん
かてるちゃん

ローソク足が動いた方向に順張りでエントリーしましょう。

エクスパンション

エクスパンション説明
上記のように、トレンド相場においてボリンジャーバンドが大きく拡大している状態のことを指します。

特徴は、偏差の+圏、-圏関係のどちらかの方向でチャートが動くことですね。

まなぶくん
まなぶくん

エクスパンションエントリー
エントリー法としては、トレンドの流れに乗った順張りの手法になります。

チャートはジグザグに上下しながら上昇もしくは下降をする性質があります。

その性質を利用し、上記のような一瞬の下降の反発(押し目)を狙って、上記の場合トレンドに乗ったハイエントリーをしましょう。

バンドウォーク

バンドウォーク説明
ボリンジャーバンドがエクスパンション中において、チャートが±1σと±2σの間を推移している状態のことを指します。

強いトレンドの示唆になります。

±2σと±3σ間でのチャートが推移している状態もバンドウォークと捉えられますが、勢いが強すぎる傾向があります。

そのためチャートが±1σと±2σの間を推移している方が、より安定性がある状態になります。

バンドウォークエントリー
エントリー法としては、±1σにおいて反発した瞬間における、相場の流れに乗った順張りの手法になります。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
ボリンジャーバンドの中でも特に強いエントリータイミングになりますので、見落とさないようにしよう!

他のインジケーターと併用して信憑性を高める

より勝率を高める為には、ボリンジャーバンドだけでなく、他のインジケーターと併用することが重要になります。

複数のインジケーターにて確認することで根拠が強くなりますので、確実に勝ちたい方は意識しましょう。

RSI

RSI説明
上記がRSIで、0〜100の数値にて現状の売買の割合を示したものになります。

一般的にいわれていることとして、

  • RSIが70以上の際は買われすぎのため、今後は下降を狙える
  • RSIが30以下の際が売られすぎのため、今後は上昇が狙える

になります。

設定値

  • RSI 期間14日
  • ボリンジャーバンド 期間24日 偏差3

HIGHエントリータイミング 

  • RSIが30以下を推移
  • ボリンジャーバンドが-3σをタッチ

RSIとボリンジャーバンドのエントリーHIGH3
RSIが30以下を推移したときが、上記のタイミングになります。

RSIとボリンジャーバンドのエントリーHIGH2
そのタイミングでボリンジャーバンドを確認すると、-3σにタッチしています。

RSIとボリンジャーバンドのエントリーHIGH3
この足がスタートしたタイミングでエントリーになります。

LOWエントリータイミング

  • RSIが70以上を推移
  • ボリンジャーバンドが+3σをタッチ

 

RSIとボリンジャーバンドのエントリーLOW1
RSIが70以上を推移したときが、上記のタイミングになります。

RSIとボリンジャーバンドのエントリーLOW2
そのタイミングでボリンジャーバンドを確認すると、+3σにタッチしています。

RSIとボリンジャーバンドのエントリーLOW3
この足がスタートしたタイミングでエントリーになります。

ボリンジャーバンドの±3σ反発、RSIの70以上or30以下推移の両方が逆張りを狙う指標になります。

同じ狙いのインジケーターではありますが、2つの組み合わせで強い根拠にする手法になります。

ストキャスティクス

ストキャスティクス説明
上記がストキャスティクスで、青い線が%Kと呼び、赤い線が%Dと呼びます。

この2本の線が0〜100の数値にて現状の売買の割合を示したものになります。

一般的にいわれていることとして、

  • ストキャスティクスが80以上の推移のデッドクロスで今後は下降を狙える
  • ストキャスティクスが20以下の推移のゴールデンクロスで今後は上昇が狙える

となります。

まなぶくん
まなぶくん
ゴールデンクロスとは

  • %Kが%Dを上から下に抜けたタイミング

です。

デッドクロスとは

  • %Kが%Dを下から上に抜けたタイミング

ですよ。

サーチくん
サーチくん

設定値

  • ストキャスティクス 期間14日
  • ボリンジャーバンド 期間24日 偏差1,2,3

HIGHエントリータイミング

  • ボリンジャーバンドがスクイーズ時において、チャートが平行に推移
  • ストキャスティクスが20以下の推移のゴールデンクロス

ストキャスティクスとボリンジャーバンドのエントリーHIGH1
ボリンジャーバンドがスクイーズ時になり、チャートが平行に推移しています。

ストキャスティクスとボリンジャーバンドのエントリーHIGH2
ストキャスティクスが20以下を推移し、ゴールデンクロスしたタイミングが上記になります。

ストキャスティクスとボリンジャーバンドのエントリーHIGH3
この足がスタートしたタイミングでエントリーになります。

LOWエントリータイミング

  • ボリンジャーバンドがスクイーズ時において、チャートが平行に推移
  • ストキャスティクスが80以上の推移のデッドクロス

ストキャスティクスとボリンジャーバンドエントリーLOW1
ボリンジャーバンドがスクイーズ時になり、チャートが平行に推移しています。

ストキャスティクスとボリンジャーバンドエントリーLOW2
ストキャスティクスが80以上を推移し、デッドクロスしたタイミングが上記になります。

ストキャスティクスとボリンジャーバンドエントリーLOW3
この足がスタートしたタイミングでエントリーになります。

チャートがもみ合い相場において、逆張りを狙った手法になります。

この手法を使いこなせると、エントリー回数を増やすことができ、より利益を上げることが可能になります。

ボリンジャーバンドのMT4設定

ボリンジャーバンドのMT4設定

ボリンジャーバンドは初期からMT4に入っているインジケーターになるため、設定方法は簡単です。

手順を追って説明致します。

ボリンジャーバンドMT4設定1
MT4を開いたら、左上の「挿入」をクリックします。

ボリンジャーバンドMT4設定2
その後「インディケータ」をクリックします。

ボリンジャーバンドMT4設定3
その後「トレンド」をクリックします。

ボリンジャーバンドMT4設定4
その後上から3番目の「Bollinger Bands」をクリックします。

バイナリーオプションのボリンジャーバンド3σ必勝法の嘘について
「僅差」は、±1σを設定する時は1、±2σを設定する時は2、±3σを設定する時は3を入力します。

期間は入力した数値分のローソク足の平均数値が反映されます。

24時間といいう意味から「24」の期間が一般的です。

ボリンジャーバンドMT4設定6
ここまで設定が完了すると、表示されます。

以上で設定は完了です。

まとめ

まとめ

ボリンジャーバンドは認知度が高く、人気のあるインジケーターですが、使い方を間違えやすいインジケーターでもあります。

特に初心者が勘違いしやすい手法が広く知れ渡ってしまっています。

世の中で一般的に言われていることすべてが正しいとは限らないので、正しい知識や使い方を学ぶことも重要になります。

このサイトでは実際の利益に直結する正しい知識や手法を解説していますので、是非他の記事も読んで参考にしてください。

キングツールバナー2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。