バイナリーオプションのADX/DMIを100%使いこなして相場攻略!順張り勝率爆上がり最強手法を紹介!

バイナリーオプションのADX:DMIを100%使いこなして相場攻略!順張り勝率爆上がり最強手法を紹介!

ADX/DMIを100%使いこなした、勝率爆上がり最強手法を紹介します。

ADX/DMIは、他の指標と組み合わせることが重要になります。

しかし、ADXをよくわかっていない場合

  • ADX/DMIをそもそも使っていないし、使い方は何も分からない
  • 100%は使いこなして勝率を上げたい

と思っている人が多いです。

ですので今回の記事では、ADX/DMIに関して

  • ADX/DMIとは
  • ADX/DMIの使い方
  • ADX/DMIと他の指標の組み合わせ
  • ADX/DMIを使った最強手法

の順にて細かく解説いたします。

初心者の方でも、すぐに実践できる手法になっておりますので、是非最後までお読みください!

バイナリーオプションでのADX/DMIインジケーターとは

バイナリーオプションでADX-DMIと組み合わせられるインジケーター

バイナリーオプションでのADX/DMIについての基本解説から解説をしていきます。

まだ全く理解できていない人はもちろんのこと、普段から使用している人でも一度基礎の確認をしましょう。

  • ADXとは
  • DMIを構成する3つのライン
  • 設定方法

の3つを解説します。

ADXとは

ADXの解説
ADX(Average Directional Movementindex)とは、日本語で「平均方向性指数」で、つまりトレンドの強弱を測るインジケーターになります。

上記の赤い線がADXです。

トレンドの強弱とは、

  • ADXの数値が25以上のときがトレンド相場
  • ADXの数値が25以下のときがもみ合い(レンジ)相場

を意味しています。

 

ADXの解説トレンド
上記のようなADXの数値が25以上のときに、トレンド相場となっております。

ADXの解説もみ合い

上記のようなADXの数値が25以下のときに、もみ合い相場となっております。

今の相場がトレンド相場かもみ合い相場なのかを判断できず、間違った根拠でエントリーしてしまい負けることは多々あります。

トレンド相場なのかもみ合い相場なのかを判断できない理由は、明確な決まりが存在しないからです。

しかし、ADXにおいては数値で判断可能となりますので根拠として使いやすいですね。

しかし、ADXのみでは、今のトレンド相場が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを判断することができません。

トレンドの方向性を判断したいときにはDMIと組み合わせましょう。

2つを組み合わせることで、より使いやすいインジケーターになります。

DMIを構成する3つのライン

DMI説明
DMI(Directional Movement Index)とは、トレンドの方向性を把握するためのインジケーターです。

DXIは

  • DI+
  • DI-
  • ADX

の3つのラインによって構成されます。

DMI説明
  • 緑色点線のラインがDI+
  • 黄色点線のラインがDI-
  • 赤色のラインがADX

となります。

DI+

DI+解説
DI+は上昇トレンド時においての強さを表しているラインです。

DI+が表す上昇トレンドの強さとは、

  • DI+の数値が25以上のときが上昇トレンド
  • DI+の数値が25以下のときがもみ合い相場もしくは下降トレンド

を意味しています。

DI+トレンド
上記のようなDI+の数値が25以上のときに、上昇トレンドです。

DI+もみ合い
上記のようなDI+の数値が25以下のときに、もみ合い相場となります。

ADXと組み合わせることで、上昇トレンドの強さを判断することができます。

DI-

DI-説明
DI-は上昇トレンド時においての強さを表しているラインです。

DI-が表す下降トレンドの強さとは

  • DI-の数値が25以上のときが下降トレンド
  • DI-の数値が25以下のときがもみ合い相場もしくは上昇トレンド

になります。

DI-トレンド
上記のようなDI-の数値が25以上のときに、下降トレンド

DI-もみ合い
上記のようなDI-の数値が25以下のときに、もみ合い相場となります。

ADXと組み合わせることで、上昇トレンドの強さを判断することができます。

ADX

ADXの解説
ADXとはトレンドの強弱を表すラインです。

ADXが表すトレンドの強弱とは、

  • ADXの数値が25以上のときがトレンド相場
  • ADXの数値が25以下のときがもみ合い相場

という指標で見ることができます。

ADXの解説トレンド
上記のようなADXの数値が25以上のときに、トレンド相場

ADXの解説もみ合い
上記のようなADXの数値が25以下のときに、もみ合い相場

DMIの3本ラインを全て見ることで、トレンドの判断としてより根拠が強くなるのです。

ADX/DMIの設定方法

MT4におけるADX/DMIの設定方法を解説致します。

MT4設定①

最初に「挿入」をクリックします。

 

MT4設定②

次に「インディケーター」をクリックします。

 

MT4設定③

次に「トレンド」をクリックします。

 

MT4設定④

次に「Average Directional Movement Index」をクリックします。

 

MT4設定⑤

次に上記の設定画面が表示されますが、初期設定のままで大丈夫です。

 

MT4設定⑥

設定が完了すると、上記のように表示されます。

以上で設定は完了です。

バイナリーオプションでのADX/DMIを使ったエントリー方法

バイナリーオプションでのADX-DMIを使ったエントリー方法

ADXを使用する手法とDI+とDI-を使用する手法の2パターンになります。

  • ADXを用いた順張り手法
  • DI+とDI-を用いた逆張り手法

実際にどのように使用すれば、ADX/DMIを使いこなせるのかを解説致しますので、各々の特徴を理解した上で実際の取引を行っていきましょう。

ADXを用いた順張り

ADXの特徴であるトレンドの強さを表す箇所を狙って、順張りにて取引する手法になります。

順張りとは

投資手法(スタンス)の一種で、多くの買いが集まって株価などが上昇しているときに買い、逆に下落基調のときには売るという投資手法です。

引用:初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

エントリー

  • ADXが25以上になったとき
  • その時の相場の方向性に順張りでエントリー

ADX HIGHエントリー
上記はADXが25以上になったときに相場が上昇方向に動いているため、HIGHエントリーになります。

ADX LOWエントリー
上記はADXが25以上になったときに相場が下降方向に動いているため、LOWエントリーになります。

DI+とDI-を使った逆張り

DI+とDI-がクロスする箇所を狙って、取引する手法を解説します。

逆張りとは

投資手法(スタンス)の一種で、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法です。

引用:初めてでもわかりやすい用語集|SMBC日興証券

エントリータイミング

  • +DIが-DIをゴールデンクロスしたタイミングでHIGHエントリー
  • +DIが-DIをデッドクロスしたタイミングでLOWエントリー

 

ゴールデンクロスとは

  • +DIが-DIを下から上に突き抜けたタイミング

デッドクロスとは

  • +DIが-DIを上から下に突き抜けたタイミング

 

+DI-DI ゴールデンクロス
上記が+DIが-DIをゴールデンクロスしたタイミングです。

 

+DI-DI ゴールデンクロス②
実際のHIGHエントリーは次の足になります。

 

+DI-DI デッドクロス
上記が+DIが-DIをデッドクロスしたタイミングです。

 

+DI-DI デッドクロス②
実際のLOWエントリーは次の足になります。

バイナリーオプションでADX/DMIと組み合わせられるインジケーター

バイナリーオプションでADX-DMIと組み合わせられるインジケーター

組み合わせられるインジケーターはたくさんありますが、ADX/DMIの特徴と同じ部類で根拠を強める手法が使いやすいです。

ADX/DMIの特徴

  • トレンドの強さが分かる
  • 上昇か下降かのトレンドを判断できる

 

具体的に組み合わせられるインジケーターとしては、トレンドの強さや相場の方向性を判斷できるものになります。

  • MACDとの組み合わせ手法
  • ボリンジャーバンドとの組み合わせ手法
  • 移動平均線をつかった順張り手法①
  • 移動平均線をつかった順張り手法②

の4つの手法に関して解説致します。

MACDとの組み合わせ手法

MACD-説明

上記がMACDで、赤い線をシグナルラインと呼び、棒状のグラフをMACDライン(ヒストグラム)と呼びます。

一般的にいわれていることとして、

  • MACDラインが0ライン以上の推移で、シグナルラインをデッドクロスで今後は下降を狙える
  • MACDラインが0ライン以下の推移で、シグナルラインをゴールデンクロスで今後は上昇が狙える

となります。

HIGHエントリー

MACD HIGHエントリー手法①

MACDが0ライン以上の推移を確認します。

 

MACD HIGHエントリー手法②

ADXが25以上で+DIをゴールデンクロスクロスしたタイミングがエントリーになります。

 

MACD HIGHエントリー手法③

実際のエントリーは次の足です。

 

LOWエントリー

MACD LOWエントリー手法①

MACDが0ライン以下の推移を確認します。

 

MACD LOWエントリー手法②

ADXが25以上で-DIをゴールデンクロスクロスしたタイミングがエントリーになります。

 

MACD LOWエントリー手法③

実際のエントリーは次の足です。

ボリンジャーバンドとの組み合わせ手法

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは

  • 統計学から、株価と表示されている移動平均との乖離と回帰を示すインジケーター
  • 上から赤色が+3σ、青色が+2σ、黄色が+1σ、次いで黄色が−1σ、青色が-2σ、赤色が+3σ
  • 統計上、±1σに収まる確率が約68%、±2σに収まる確率が約95%、±3σに収まる確率が約99%

 

HIGHエントリー

ボリンジャーバンド HIGHエントリー手法①

上昇相場において、ボリンジャーバンドが+2σと+3σ(+1σと+2σ)の間を推移(バンドウォーク)を確認します。

 

ボリンジャーバンド HIGHエントリー手法②

ADXが25以上で+DIをゴールデンクロスクロスしたタイミングがエントリーになります。

 

ボリンジャーバンド HIGHエントリー手法③

実際のエントリーは次の足です。

LOWエントリー

ボリンジャーバンド LOWエントリー手法①

上昇相場において、ボリンジャーバンドが+2σと+3σ(+1σと+2σ)の間を推移(バンドウォーク)を確認します。

 

ボリンジャーバンド LOWエントリー手法②

ADXが25以上で+DIをゴールデンクロスクロスしたタイミングがエントリーになります。

 

ボリンジャーバンド LOWエントリー手法③

実際のエントリーは次の足です。

移動平均線とのクロスを狙う組み合わせ

MA
移動平均線は基本的に短期線・中期線・長期線の3つのラインから成り立ちます。

上記画像の上の赤い線から短期線、青い線が中期線、黄色い線が長期線になります。

移動平均線の特徴としては、

  • ラインの向きによって現状・今後の相場の方向性を判斷できる
  • 移動平均線のゴールデンクロスクロスとデッドクロス

になります。

移動平均線の場合は、

MAゴールデンクロス
短期線・中期線が長期線をゴールデンクロスで今後の上昇示唆

 

MAデッドクロス
短期線・中期線が長期線をデッドクロスで今後の下降示唆

 

また、特に注目すべき点が「パーフェクトオーダー」です。

MAパーフェクトオーダー
パーフェクトオーダーとは上記のような、短期線・中期線・長期線が全て同じ方向を向いている状態になります。

強いトレンドを示唆している、多くの投資家が注目しているタイミングです。

上記の特性とADX/DMIを組み合わせた手法を2つ紹介致します。

移動平均線をつかった順張り手法①

HIGHエントリー

ADX 順張り手法①HIGH①
最初に移動平均線で相場の方向性を確認します。

上記は長期線が右斜め上の方向に動いているので、上昇トレンドと読めます。

 

ADX 順張り手法①HIGH②
次にADXの位置から3つのポイントを確認します。

  1. ADXが上向き状態である
  2. +DIが-DIより上の状態である
  3. ADXが+DIと-DIの間の状態である

上記を全て満たしていた際にHIGHエントリーします。

3つのポイントを確認するのは、

  1. トレンドの方向が移動平均線との一致を確認
  2. DMIから売りより買いの勢いを確認
  3. 今後ADXの上昇を見込めるため

といった各々の理由があるからです。

ADX 順張り手法①HIGH③
実際のエントリーは次の足になります。

 

LOWエントリー

ADX 順張り手法①LOW①
最初に移動平均線で相場の方向性を確認します。

上記は長期線が右斜め下の方向に動いているので、下降トレンドと読めます。

 

ADX 順張り手法①LOW②
次にADXの位置から3つのポイントを確認します。

  1. ADXが下向き状態である
  2. -DIが+DIより上の状態である
  3. ADXが+DIと-DIの間の状態である

上記を全て満たしていた際にLOWエントリーします。

3つのポイントを確認するのは、

  1. トレンドの方向が移動平均線との一致を確認
  2. DMIから買いより売りの勢いを確認
  3. 今後ADXの下降を見込めるため

といった各々の理由です。

ADX 順張り手法①LOW③
実際のエントリーは次の足になります。

移動平均線をつかった順張り手法②

HIGHエントリー

ADX 順張り手法②HIGH①
移動平均線の短期線が長期線よりも上で推移している状態を確認します。

 

ADX 順張り手法②HIGH②
その後、次のポイントを順番に確認できた際がエントリーになります。

  1. ①+DIが-DIより上の状態である
  2. ②ADXが+DIと-DIの間の状態である
  3. ③ADXが+DIをゴールデンクロス

 

ADX 順張り手法②HIGH③
実際のエントリーは次の足になります。

 

LOWエントリー

ADX 順張り手法②LOW①
移動平均線の短期線が長期線よりも下で推移している状態を確認します。

 

ADX 順張り手法②LOW②
その後、次のポイントを順番に確認できた際がエントリーになります。

  1. -DIが+DIより上の状態である
  2. ADXが+DIと-DIの間の状態である
  3. ADXが-DIをゴールデンクロス

 

ADX 順張り手法②LOW③
実際のエントリーは次の足になります。

バイナリーオプションでADX/DMIとサインツールを組み合わせた最強手法とは

ADX/DMIは具体的なタイミングの瞬間を捉える点で、どうしても根拠に欠けてしまいます。

うまくタイミングの瞬間を捉える方法として、僕の推奨しているシグナルツールとの組み合わせをオススメします。

僕が開発したシグナルツール「THE KING」は

  • 2年間の年月
  • 2000万円のコスト

をかけ、最高のクオリティになったシステムです。

シグナルツールでの具体的なタイミングとADX/DMIを組み合わせれば、相乗効果でより強いエントリーとなります。

これ以上負けずに、最短で勝っていくためには早くに「THE KING」を手にすることをオススメします。

政岡LINEバナー

まとめ

ADX/DMIを使いこなせば、バイナリーオプションで勝ち続けるのはそう難しい話ではありません。

しかし、中途半端ではなく100%を使いこなすことが重要となります。

独学では全てを理解しきるのも大変だと思います。

あなたの利益になる有益な情報を記事にしているので、是非このサイトをフル活用してください。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。