【バイナリーオプションの逆張り高勝率インジケーターTOP3】設定方法からエントリーポイントも解説

バイナリーオプション逆張りでの高勝率インジケーターTOP3!設定方法からエントリーポイントも解説!

バイナリーオプションで使う、勝率の高い逆張り用のインジケーターとその設定方法まで紹介します。

  • バイナリ-オプションの逆張りで勝ちたい
  • もっとエントリーポイントを増やしたい
  • 逆張りに相性がいいおすすめのインジケーターを教えてほしい
  • バイナリーオプション取引をされている人のなかには、こういった思いを抱いている人も多いのではないでしょうか。

    本記事では、バイナリーオプションの逆張り手法においてこの内容について解説します。

    ◆逆張りする前に知るべき基本2項目
    ◆バイナリーオプションの逆張りで勝率の高かったインジケーターTOP3
    [char no=”6″ char=”初心者トレーダー”]逆張り一つとっても手法やインジケーターが多すぎてよくわからない![/char] [char no=”1″ char=”トレーダーキング”]そんな方は、当記事を参考にして逆張り手法を選ぶ決め手にしてみてください!![/char]

    政岡バイナリーのライン

    バイナリーオプションで逆張りする前に知るべき基本2項目

    [char no=”4″ char=”悩むトレーダー”]バイナリーオプションで逆張りを狙っていくにあたり、事前に知るべき2項目ってなんでしょうか?[/char]

    それはこの二つ!

    通貨ペア
    ◎取引を避ける時間帯
    この2つを理解することで、逆張りエントリーがさらに有利になります。

    おすすめ通貨ペア

    ◆逆張りエントリーを狙う場合はなるべく相場が安定した環境が望ましいです。

    通貨ペアは三大市場と言われるこの3つがおすすめです。

    ★USD/JPY(米ドル/日本円)
    ★EUR/JPY(ユーロ/日本円)
    ★EUR/USD(ユーロ/米ドル)
    [char no=”2″ char=”トレーダーキング”]上記3つの通貨ペアで全通貨取引量の4割を占める取引量を誇ります。[/char]
    取引量が多い通貨は流動性が高いことから異常な動きが少なく、素直なチャートを描いてくれます。
    つまり反転するポイントの予想が立てやすく、テクニカル分析もしやすい通貨であることがいえます。

    取引を避ける時間帯

    [char no=”6″ char=”初心者トレーダー”]避けた方が良い時間帯とはどの時間帯ですか?[/char]

    ◆避けた方が良い時間帯

    ★市場がはじまる時間帯(マーケットオープン)
    ★市場が終わる時間帯(マーケットクローズ)
    ◎この二つの時間帯に値動きが乱れることが多い。
    [char no=”1″ char=”トレーダーキング”]その時間を避けることが大事です。[/char]

    ≪日本時間の場合≫

    • 日本市場 9時~17時
    • ロンドン市場 16時~1時
    • ニューヨーク市場 22時~6時
    値動きが乱れる時間帯=予想しづらい時間帯
    予想しずらい時間帯の市場の始終は取引を避けることをおすすめします。
    逆におすすめの時間帯は、相場が乱れない時間帯です。

    ◆おすすめ通貨ペア別でのおすすめの時間帯はこちら

    ★「USD/JPY」「EUR/JPY」が9時~16時まで
    ★「EUR/USD」が17時〜22時まで

    バイナリーオプションの逆張りで勝率の高かったインジケーターTOP3

    バイナリーオプションの逆張りで最も勝率の高かったインジケーターTOP3!
    🥇1位:RSI【105戦83勝 勝率79.0%】
    🥈2位:ストキャスティクス【102戦75勝 勝率73.5%】
    🥉3位:ボリンジャーバンド【101戦71勝 勝率70.2%】

    それぞれ画像を用いて設定方法やエントリーの仕方を解説します。

    RSI【105戦83勝 勝率79.0%】

    RSI
    レンジ相場に有効なインジケーターの1つ目は「RSI(Relative Strength Index)」です。
    RSI
    ◎RSIは、「買われすぎ水準」「売られすぎ水準」を数値化して表示してくれるオシレーター系のインジケーターです。

    ★相場の過熱感を示します。

    ◎基本的な使い方は、80%以上=「買われすぎ」。20%以下=「売られすぎ」というように反発ポイントを見極めるために使われます。

    ★RSIはさまざまな用途に活用できます。

    さまざまな用途に活用できるRSIは、数値を変えてオリジナルの使い方ができます。

    そのため、バイナリーオプション取引ではとても人気の高いインジケーターです。

    MT4設定方法

    ◆MT4でRSIをインストールする方法は以下4ステップです。

    「挿入」「インディケーター」「オシレーター」「Relative Strength Index」

    ◆パラメーターの設定を変えたい時は以下の4ステップ。

    1. チャート画面を右クリック
    2. 表示中のインディケータ
    3. 「Relative Strength Index」を選択

    ◎これで設定変更ができます。

    あとはお好みで「スタイル」から線の色や太さを変えてオリジナルのRSIを作成してみましょう。

    チャートの見方

    ◎自分で設定したパラメーター数値がある場合

    ★そのラインを超えるまたは触れたことを確認した次足でエントリーするのが一般的なRSIの使い方です。

    例)RSIの買われすぎ設定が80%で売られすぎ設定が20%である場合。

    80%のラインに超えた次足で売りのエントリー
    20%のラインを超えた次足で買いのエントリー

    ストキャスティクス【102戦75勝 勝率73.5%】

    ストキャスティクス
    ◆逆張りに有効なインジケーター2つ目は、「ストキャスティクス(Stochastic Oscillator)」です。
    ストキャスティクス
    ◎ストキャスティクスも「RSI」と同様に、相場の「買われすぎ水準」と「売られすぎ水準」を示唆してくれるインジケーターです。

    相場の過熱感を示します。

    現在の相場価格と過去の相場価格(一定期間)の値動きを比較し、100%に近くなると買われすぎ、0%に近づくと売られすぎと分析できます。
    ◎相場の細かな波に反応して転換ポイントを的確に表してくれます。

    MT4設定方法

    ◆MT4でストキャスティクスをインストールする方法は以下4ステップです。

    「挿入」→「インディケーター」→「オシレーター」→「Stochastic Oscillator」

    ◆パラメーターの設定を変えたい時は以下の4ステップ。

    1. チャート画面を右クリック
    2. 表示中のインディケータ
    3. 「Stochastic Oscillator」を選択

    ◎これで変更可能です。

    チャートの見方

    ◆一般的なストキャスティクスの見方としては、0%~100%のなかで2本の線がどのような動きをしているかを分析します。
    80%以上を推移=買われすぎ
    20%以下を推移=売られすぎ
    ストキャスティクスは2本線が重なる場面を「ゴールデンクロス」・「デッドクロス」といい、相場の反発ポイントを示します。

    ゴールデンクロス

    相場価格が大きく下落した後に、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けたとき相場の反発のポイント

    デッドクロス

    相場価格が大きく上昇した後に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けるときが相場の反発のポイント
    [char no=”6″ char=”初心者トレーダー”]ストキャスティクスはテクニカル指標として、RSIと並んでトレーダーに人気がありますね。[/char]
    より反発ポイントの根拠を強めるために、RSIと組み合わせて使用するトレーダーも多くいます。
    相場の細かな波に反応して転換ポイントを的確に表してくれるので、短期売買の反発ポイントを見極めるインジケーターとしてはとても有効です。

    ボリンジャーバンド【101戦71勝 勝率70.2%】

    ボリンジャーバンド
    ◆逆張りに相性がいいインジケーターの最後は、「ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)」です。
    ボリンジャーバンド
    ◎相場の「勢い」「反転ポイント」「方向性」を分析するうえで有効的な指標です。
    ◎ボリンジャーバンドは、±1σ、±2σ、±3σを設定することで、それぞれの収まる範囲確率が異なります。
    ◎パラメーター数値は20前後がバイナリーオプションの逆張りでは有効です。

    ボリンジャーバンドは、±1σ、±2σ、±3σを設定することで、それぞれの収まる範囲確率が異なります。

    ※σ⇒シグマ

    • ±1σの範囲内で動く確率=約68%
    • ±2σの範囲内で動く確率=約95%
    • ±3σの範囲内で動く確率=約99%
    エントリー回数を重視する人は、「1σ」と「2σ」を重視した取引、勝率を重視する人は「3σ」を活用した取引がおすすめです。

    MT4設定方法

    ◆MT4でボリンジャーバンドをインストールする方法は以下4ステップです。

    「挿入」→「インディケーター」→「トレンド」→ 「Bollinger Bands」

    ◆パラメーターの設定を変えたい時は以下の4ステップ。

      1. チャート画面右クリック
      2. 表示中のインディケータ
      3. 「Bollinger Bands」を選択
      4. 偏差の数値を変更

    ★パラメーター数値は20前後がバイナリーオプションの逆張りでは有効です。

    チャートの見方

    ◆ボリンジャーバンドを活用する場合は、2σまたは3σにタッチした次足でエントリーします。
    レンジ相場の場合は、3σタッチだけでも勝率がグッと上がります。
    [char no=”4″ char=”悩むトレーダー”]一方、トレンド相場では3σにタッチしたとしても勝率がガクッと下がります。[/char]
    とくに、トレンド初期に発生しやすいエクスパンション時は相場を離れましょう。
    [char no=”1″ char=”トレーダーキング”]レンジ相場になるまでじっと待つことも勝率を落とさないためには必要なことです。[/char]
    また、陰線と陽線の長さや坊主であるか否かでも勝率が違ってきます。
    ラインにタッチしたからといってむやみにエントリーするのではなく、時間足の形にも注目してみてください。

    政岡吉宗
    政岡吉宗
    疑問・質問はLINEにてご連絡をいただければ、最速でお返事します。お気軽にお問い合わせくださいね

    まとめ

    本記事では次のことについて詳しくご紹介してきました。

    • 逆張りで勝つための通貨ペアと避ける時間帯
    • バイナリーオプションの逆張りインジケーター勝率TOP3

    本記事でご紹介した逆張りインジケーターを参考に、バイナリーオプション取引で勝ち組を目指しましょう。

    The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。