バイナリーオプションのパラボリックSARで負ける落とし穴と攻略法を解説!

バイナリーオプションのパラボリックSARで負ける落とし穴と攻略法を解説!

パラボリックSARの正しい使い方を知っていますか?

バイナリーオプションにおいて、パラボリックSARは間違った使い方をしやすいインジケーターになります。

そこまで知名度は高くないですが、正しく使用することで利益をしっかり生み出すことができます。

とはいっても、

  • そもそも見方がわからない
  • こんな簡単そうなインジケーターで勝てるのか
  • うまく使いこなせなさそう

と思われていませんか?

そんなあなたに、

  • パラボリックSARの特徴から見方
  • パラボリックSARの導入方法
  • パラボリックSARで絶対にやってはいけない手法
  • パラボリックSARの勝つためのエントリー法

に関して分かりやすく解説します。

政岡吉宗
政岡吉宗
とくに、バイナリーオプションではパラボリックSARで絶対にやってはいけない手法があるんだ。
もし知らないままパラボリックを使ってしまっている場合、指標通りにエントリーしても負け続ける可能性があります。

事前に知っておかないと痛手となるNG手法、そして勝つための手法も完全解説します。

バイナリーオプションでのパラボリックSAR使用方法

バイナリーオプションでのパラボリックSAR使用方法

バイナリーオプションにおいて、パラボリックSARはトレンドの転換点を確認する際に使用するインジケーターです。

具体的なエントリーポイントとしては

  • トレンドを認識した上での順張り
  • トレンドの転換を狙った逆張り

の2つになります。

順張りとは、

  • 相場において買いが集まって上昇している際に、その流れに乗って買うこと。
  • 相場において売りが集まって下降している際に、その流れに乗って売ること。

よね☆

かてるちゃん
かてるちゃん
まなぶくん
まなぶくん
逆張りとは、

  • 相場において買いが集まって上昇している際に、その流れに反して売ること。
  • 相場において売りが集まって下降している際に、その流れに反して買うこと。

ですね。

エントリーを見極めるインジケーターは様々ありますが、パラボリックSARはレンドを確認することができます。

バイナリーオプションはエントリー時にHIGHかLOWの選択になります。

エントリーのタイミングにてしっかりとトレンドに乗ることができたら、安定して勝率を高めることができます。

そのため、パラボリックSARにてトレンドを確認することができるかが、バイナリーオプションにおいては重要になってきます。

パラボリックの特徴

パラボリックSARはJ.W.ワイルダーによって考案されたものになります。

パラボリックSAR

上記の画像がパラボリックSARとなります。

特徴はドットの位置によって相場の方向性を判断できることです。

パラボリックSARの計算式は、

  • SAR = 前日のSAR + AF ✕(EP - 前日のSAR)
  • AF=加速因数
  • EP=買い持ちしている期間の最高値、または売り持ちしている期間の最安値

となります。

式だと難しくて分かりづらいですが、この式を覚える必要はありません。

政岡吉宗
政岡吉宗
簡単にまとめると、パラボリックSARがローソク足の下に表示されている際は上昇トレンドと判断し、ローソク足の上に表示されている際は下降トレンドという判断になるんだ。
また、注目すべきはドットがローソク足と交差する箇所になります。
パラボリックSARとローソク足の交差

この箇所がトレンドの転換ポイントとなり、その後の動きにて方向性が考えられます。

パラボリックSARとローソク足の交差

その後に交差した方向へ3個以上連続した際には、根拠としては強くなり転換と判断できます。
パラボリックSARとローソク足の交差
3個以下の際にはまだ方向性が決まっていないので、もみ合いもしくは元の方向におけるトレンドの継続と判断できます。

パラボリックで使用すべき相場

パラボリックSARは、明確にトレンドが発生しているか判断できる相場が重要になります。

HIGHかLOWにてエントリーをするバイナリーオプションにおいては、トレンドが確認できれば順張りでエントリーすることができますね。
サーチくん
サーチくん

その理由として、明確にトレンドが判断できた場合には、そのままトレンドが継続する可能性が高くなるからです。

エントリーにおける根拠として強くなるため、パラボリックSARにてトレンドをしっかり判断することでエントリーの方向性が分かります。

パラボリックでの設定

パラボリックでの設定

初期設定がAF(ステップ)=0.02・PF(最大値)=0.2となっております。

バイナリーオプションでパラボリックSARを使う際は、上記の初期設定のままで大丈夫です。

パラボリックSAR初期設定値

MT4での設定方法

パラボリックSARは初期からMT4に入っているインジケーターになるため、設定方法は簡単です。

手順を追って説明致します。

パラボリックSAR MT4設定方法

MT4を開いたら、左上の挿入をクリックします。

パラボリックSAR MT4設定方法

その後インディケータをクリックします。

パラボリックSAR MT4設定方法

その後トレンドをクリックします。

パラボリックSAR MT4設定方法

その後下から2番目のParabolic SARをクリックします。

パラボリックSAR MT4設定方法

数値の設定画面が出てきますが、パラボリックSARは初期設定値で問題ありません。色はお好きなものを選択してください。

パラボリックSAR 

ここまで設定が完了すると、表示されます。

以上で設定は完了です。

パラボリックでおすすめできないNG手法

パラボリックでおすすめできないNG手法

パラボリックSARのドットとローソク足が交差したタイミングで逆張りにエントリーする方法はおすすめしません。

具体的なタイミングとしては、

  • パラボリックSARがローソク足を下から上に抜けたタイミングでのLOWエントリー
  • パラボリックSARがローソク足を上から下に抜けたタイミングでのHIGHエントリー

となりますが、サイトや本でよく紹介されている手法になります

なぜおすすめしないかというと、もみ合い相場においてダマシに引っかかり負けてしまうからです。

そもそも、パラボリックSAR自体はトレンドかどうかを判断するインジケーターになります。

もみ合い相場のようなちょっとした値動きに敏感なときには、交差したタイミング直後にもかかわらず、ローソク足が逆の方向に動く可能性があります。

まけるくん
まけるくん
そのため、まだトレンドか判断する前のタイミングでのエントリー手法は根拠としては弱くなるんです。

値幅で大きく勝つ可能性があるFXにおいては、条件次第でエントリーするのが一つの手法になることもあります。

しかし、バイナリーオプションの場合には値幅は関係がありませんので、このようなタイミングのエントリーはリスクが大きくなります。

安定して勝ち続けることが一番大切となりますので、リスクはできるだけ回避しましょう。

パラボリックで勝率の高いエントリー方法3選

パラボリックで勝率の高いエントリー方法3選

具体的にどのようなエントリーすれば勝てるのか、他のインジケーターとの組み合わせた上でご紹介します。

移動平均線と組み合わせたエントリー①

移動平均線

移動平均線とは

  • ある一定の期間からの価格の平均をグラフにして表したものになります。
  • 上記画像は上から、赤色が13日線、青色が25日線、黄色が75日線となります。
  • 期間は自分で設定でき、価格の流れや相場の今後の方向性を判断できるインジケーターとなります。

設定値

  • 移動平均線 21日・50日・100日線
  • パラボリックSAR 初期設定値
エントリーポイント(HIGH)

  • 移動平均線の短期線が、中期線・長期線を上抜けたタイミング(ゴールデンクロス)
  • 上記後に、パラボリックSARが上昇方向に3点連続したタイミング
パラボリックと移動平均線のエントリー法

移動平均線の短期線が、中期線・長期線を上抜けたのがこちらのタイミングとなります。
パラボリックと移動平均線のエントリー法

次いで、パラボリックSARが上昇方向に3点連続したタイミングです。

パラボリックと移動平均線のエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

エントリーポイント(LOW)

  • 移動平均線の短期線が、中期線・長期線を下抜けたタイミング(デッドクロス)
  • 上記後に、パラボリックSARが下降方向に3点連続したタイミング
パラボリックと移動平均線のエントリー法

移動平均線の短期線が、中期線・長期線を下抜けたのがこちらのタイミングとなります。
パラボリックと移動平均線のエントリー法

次いで、パラボリックSARが下降方向に3点連続したタイミングです。

パラボリックと移動平均線のエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

移動平均線もトレンドの方向性を確認するためのインジケーターとなります。

特にゴールデンクロス・デッドクロスが起きている際には今後の方向性を強く示している状態となりますね。

まずは移動平均線にてトレンドの方向を確認し、その後パラボリックSARにてよりトレンドへの根拠を強めてエントリーする手法になります。
サーチくん
サーチくん
加えて、より根拠として強くなる局面が、移動平均線のパーフェクトオーダーのときです。

パーフェクトオーダーとは

  • 移動平均線の短期線・中期線・長期線が順番に並んでいる場合のこと
  • 傾きが急なほどトレンドが強く、継続する
  • 3本以上の移動平均線の場合に有効
移動平均線パーフェクトオーダー

上昇相場において、上から短期線・中期線・長期線の順番
移動平均線パーフェクトオーダー

下降相場において、上から長期線・中期線・短期線の順番

まなぶくん
まなぶくん
簡単に判断し実行できる手法になるのでオススメです。

移動平均線と組み合わせたエントリー②

設定値

  • 移動平均線 13日線・25日線・75日線
  • パラボリックSAR 初期設定値
エントリーポイント(HIGH)

  • パラボリックSARが上昇方向に3点連続したタイミング
  • 上記後、ローソク足が移動平均線に上から反発したタイミング(押し目買い)
パラボリックと移動平均線のエントリー法

パラボリックSARが上昇方向に3点連続したタイミングです。

パラボリックと移動平均線のエントリー法

次いで、ローソク足が移動平均線に上から反発したのがこちらのタイミングとなります。
パラボリックと移動平均線のエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

エントリーポイント(LOW)

  • パラボリックSARが下降方向に3点連続したタイミング
  • 上記後、ローソク足が移動平均線に下から反発したタイミング(戻し売り)
パラボリックと移動平均線のエントリー法

パラボリックSARが下降方向に3点連続したタイミングです。

パラボリックと移動平均線のエントリー法

次いで、ローソク足が移動平均線に下から反発したのがこちらのタイミングとなります。

パラボリックと移動平均線のエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

パラボリックSARにてトレンドの方向を確認し、その後移動平均線にてよりトレンドへの根拠を強めてエントリーする手法になります。

政岡吉宗
政岡吉宗
移動平均線の押し目買い・戻し売りは投資家が重要視しているタイミングでもあるんだ。

中でも、13日・25日・75日線も投資家が重要視している日数となり、押し目買い・戻し売りが出やすいのも特徴です。

特に移動平均線の13日線は、トレンドが発生した際の押し目買い・戻し売りが意識されやすいので注目ポイントになります。

ボリンジャーバンドと組み合わせたエントリー

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは

  • 統計学から、株価と表示されている移動平均との乖離と回帰を示すインジケーターとなります。
  • 上から赤色が+3σ、青色が+2σ、黄色が+1σ、次いで黄色が−1σ、青色が-2σ、赤色が+3σとなります。
  • 統計上、±1σに収まる確率が約68%、±2σに収まる確率が約95%、±3σに収まる確率が約99%といわれております。

設定値

  • ボリンジャーバンド 期間20日 僅差1,2,3
  • パラボリックSAR 初期設定値
エントリーポイント(HIGH)

  • パラボリックSARが上昇方向に3点連続したタイミング
  • 上昇相場において、ボリンジャーバンドが+2σと+3σ(+1σと+2σ)の間を推移(バンドウォーク)
ボリンジャーバンドバンドウォーク

バンドウォーク

  • ローソク足が±2σと±3σ(±1σと±2σ)の間を推移している状態
  • 強いトレンドを示唆
パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

上昇相場において、パラボリックSARが上昇方向に3点連続したのがこちらのタイミングとなります。

パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

次いで、ボリンジャーバンドがバンドウォークをしているタイミングです。

パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

エントリーポイント(LOW)

  • パラボリックSARが下降方向に3点連続したタイミング
  • 下降相場において、ボリンジャーバンドが-2σと-3σ(-1σと-2σ)の間を推移(バンドウォーク)
パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

下降相場において、パラボリックSARが下降方向に3点連続したのがこちらのタイミングとなります。

パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

次いで、ボリンジャーバンドがバンドウォークをしているタイミングです。
パラボリックとボリンジャーバンドのエントリー法

エントリーはこのローソク足がスタートしたタイミングとなります。

まなぶくん
まなぶくん
強いトレンドを示唆するバンドウォークに加えて、パラボリックSARにてより根拠を強めてエントリーする手法ですね。

まとめ

まとめ

パラボリックSARは他のインジケーターとうまく組み合わせることによって、簡単に効果を発揮します。

このように、単体だけでは根拠として弱いインジケーターも多く存在するかと思います。

しかし、複数のインジケーターを組み合わせることによって、バイナリーオプションにおいて重要なエントリーのタイミングを判断できます。

バイナリープションを始めたての方にとっては、見つけていくのがなかなか難しいと思います。

そんなときは、こちらのサイトを参考にしていただき、最短で勝てる手法を学んでいきましょう。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。