バイナリーオプションのマーチンを甘く見て大失敗!?正しい手法と危険性を解説

バイナリーオプションのマーチンを甘く見て大失敗!?正しい手法と危険性を解説

最初にハッキリとお伝えします。

バイナリーオプションにおいて「マーチンゲール手法(以下マーチン)」は非常に有効な手法といえます。

多くのサイトでは倍々で掛け金を増やす「マーチン=悪」と言われ否定されています。

では、何故この記事ではマーチンを肯定しているのか?

その理由について詳しく解説していきます。

「え?マーチンってダメじゃなかったの?」と思い込まされてる人は絶対に最後まで読んでください。

マーチンは確かにリスクのある手法です。

しかし、正しい知識と使い方をすればバイナリーオプションで有効な手法であることが理解できるはずです。

ここから正しいマーチンの使い方や仕組みを学び、ご自身のトレードに取り入れてください。

キングのプライベートLINE

マーチンゲール法の意味とは?

マーチンゲール法とは、18世紀のフランスで考案された手法です。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
カジノなどのギャンブルにおいて完全に勝率が50%でペイアウト率が2倍のものに対して有効な手段とされているんだ

例えば

ルーレットの「赤か黒」や「奇数か偶数」で完全に2択のもので表した場合

1回目で100円掛け負けた場合、2回目は100円の2倍の200円を掛けます。

2回目で勝てたら合計300円の掛け金で払戻が600円となり、±0円ということになります。

勝った時点で掛金はまた100円に戻してスタートです。

掛け金を2倍にすることで払戻も倍になり、勝てた時の払戻額が多くなるので負けた分の損失を一撃で±0にできるという手法になります。

バイナリーオプションでマーチンゲール(倍々法)を実際にやってみた!

ハイローオーストラリアで実際にマーチン法で試してみます。

今回は1セット5回4マーチンで行います。

通常のマーチンではペイアウト率が2倍、掛金を2倍で初めてマーチンがなりたちます。

しかし、今回はハイローオーストラリアのペイアウト1.9倍のターボ1分で試します。

ペイアウト1.9倍だと、5回まで追った場合最終的に僅かにマイナスになってしまうので、掛金は2.1倍とします。

  • 1回目  1,000円
  • 2回目  2,100円
  • 3回目  4,410円
  • 4回目  9,261円
  • 5回目 19,448円

実際にハイローオーストラリアのデモでエントリーしてみます。
デモ口座の場合は100万+5,000円でスタート。

1000円エントリー

1,000円エントリーで。負け。マーチンスタート

2100円でエントリー

2回目。2,100円でエントリー。
ドロー負け悔しい。

4410円でエントリー

3回目。4,410円でエントリー。
勝ったと思いましたがギリギリ負け。

9261円でエントリー

4回目。
9,261円でエントリー。
負け。
キツイ…

19448円エントリー

5回目。
19,448円エントリー。勝ち。良し!

勝ったのでまた1000円スタート

勝ったのでまた1,000円スタート。

初回。

勝ち。

また1000円で勝ち

また1,000円で勝ち。

1000円エントリーで負け

1,000円エントリーで負け。

次はマーチン。

2100円エントリー

2回目。

2,100円エントリー。

負け。

4410円でエントリー

3回目。

4,410円でエントリー。

勝ち。

トータル10回でマーチン込みで全勝

実際には4勝6敗なので定額1,000円でエントリーしていたら−2,400円と負け越しました。

今回はマーチン込でしたので

初回勝ち2件  +900×2

5回目勝ち1件 +732

3回目勝ち1件 +869
トータル+3,401円でした。

 KINGライン登録3

バイナリーオプションでマーチンをする場合の掛け金調整とは

マーチンを行うには、最初にどの金額までエントリーすればいいのか把握しておいてください。
プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
バイナリーオプションで掛け金を調整するには2.1倍で倍掛けしていく必要がある。

なぜなら、バイナリーオプションではペイアウト率が2倍ではないからだ。

掛け金も単純に2倍計算していくと、4回目で勝ってもマイナスになってしまいます。

1000円エントリー×マーチン2倍掛け×ペイアウト率1.9倍
まけるくん
1,000円エントリー×マーチン2倍掛け×ペイアウト率1.9倍で取引していたら、5回目まで追った場合、勝ったとしてもマイナスになってしまう!!
マイナスになってしまったら意味がないのでマーチン2倍掛けのところを2.1倍にしましょう。

1,000円エントリー×マーチン2.1倍掛け×ペイアウト率1.9倍とすると

1000円エントリー×マーチン2.1倍掛け×ペイアウト率1.9倍

このようになります。

マーチンをする際の掛け金は2.1倍が相応しい倍率ということがわかりましたね。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
マーチンをする際には、5回(4マーチン)まで行うことを想定し、5回1セットとし、1セットの総額で資金の10%以内になるように計算しよう

5回までの負けを想定した場合、最大で累計36,219円のエントリー資金が必要になるので、36,219円の10倍とすると約36万

今回のルールを守る場合は、資金36万あってはじめて1,000円エントリーができることになります。

サーチくん
サーチくん
総資金の10%で捉えた場合、約36万以上あってはじめてマーチン込で1,000円でエントリーできるんですね。

マーチン計算機を使って掛け金を調整する

マーチンでの掛け金は負けたら次は2.1倍と徐々に大きくなっていきます。

下記のサイトでバイナリーオプション専用のマーチン計算できます。

使用してください。

使い方は次のことを入力するだけ!

  • 初回掛金
  • マーチン倍率
  • ペイアウト率

自分で細かく計算しなくても、一瞬で計算してくれるので手間が省けますね。

マーチンゲール法利益計算

掛け金、倍率、ペイアウト率を好きなように設定できる非常に便利な計算機サイトです。

マーチンゲールにおける損益分岐点とは?

◎マーチン1セットで負ける確率は理論上3.125%

5回連続して負ける可能性はたったの3%で、勝率は96.875%です

単純に勝率が50%で計算するとこうなります。

  • 1回目 50%
  • 2回目 25%
  • 3回目 12.5%
  • 4回目 6.25%
  • 5回目 3.125%

例えば、100回エントリーした場合、約97回勝ち、約3回の負けと言うことですね。

「勝率97%なら、なんだ楽勝じゃん!」

と感じるでしょう?

しかし、上の図で説明してありますがマーチン1セットで負けた場合、「−36,000円」となります。

スタートは1,000円なのにマーチン1セット負けで−36,000円。

実に36倍の損失に耐えなければならないという現実が突きつけられます。

しかし!

5回中1回でも勝てば1勝ちでマイナスはなくなります。

ライン登録3

バイナリーオプションでのマーチンゲールが危険な理由

バイナリーオプションでマーチンが危険な理由は6つあります。

  • 負ける確率が圧倒的に高い
  • 期待値という概念が機能しなくなる
  • メンタルに大きく影響する
  • 連敗で心が折れる場合がある
  • 口座によってマーチンが禁止されている
  • 特にマーチンの自動売買ツールは危険

それぞれについて詳しく解説していきまので、マーチンが非常にリスクのある手法ということを理解しましょう。

負ける確率が圧倒的に高い

バイナリーオプションで取引をしていれば5連勝も5連敗も理論上同じ確率で起こります。

5連勝では+4,500円、5連敗でマーチンをすると−36,000円と圧倒的にマイナス額が大きいです
まなぶくん
まなぶくん

「5連敗とかしないだろ。笑」

初心者の方は思いますよね。

残念ながら、5連敗は普通にあり得ます。

なぜなら、5連勝も5連敗も理論上は同じ確率で起こります。
それぞれ1回1回の勝率は50%に過ぎません。

しかし、マーチン手法というのは、負ける度に掛金がどんどん掛金は増えていきますが、利益は少しずつ減っていきます
1000円エントリー×マーチン2.1倍掛け×ペイアウト率1.9倍

先ほどの図ですが、初回は900円の利益ですが、5回目になると732円と減っているのがわかります。

しかもマーチンで5回負けの場合は−36,000円ですが、1,000円エントリーで5連勝した場合は4,500円の利益です。

5連勝も5連敗も同じ確率なのに+4,500円と−36,000円では圧倒的に不利ですね。
サーチくん
サーチくん

マーチンゲールシミュレーション表

今回の条件でシミュレーションしてみました。

マーチンゲールシミュレーション

こちらにリンクをはっておきますのでコピーして使用してください

マーチンゲールシミュレーション表

期待値という概念が機能しなくなる

マーチンを使うと、資金管理と勝率が乱れるので期待値の概念が崩れます。

バイナリーオプションに限らず、投資というのは期待値を追うものです。

期待値は1回のエントリーにどれくらいの価値があるのかということだよ☆
かてるちゃん
かてるちゃん
プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
勝ち続けるトレーダーになるためには期待値を高めていく必要があるんだ。

しかし、マーチンを行うことでその期待値が崩れます。

例えば、1,000円でペイアウト率1.9倍だとすると一回の利益が900円になります。

しかし、上記の図でマーチン5回目の場合

36,219円に対して732円の利益と大幅にリスクが増えます。

1勝の利益が、1,000円で900円の場合と36,219円で732円の利益が入り乱れるので、期待値が機能しなくなります。

投資で期待値が追えないのであれば、それは投資ではなくギャンブルだという証明になってしまうで非常に危険です。

期待値とは?

1回の取引で出る利益の平均値です。

よく勝率とごちゃまぜにされますが、まったく別のものです

勝率はトレードに勝つ確率で期待値は得られる金額です。

例えば
1回1,000円エントリーで考えると
①勝率が90%で期待値が400円のトレード
②勝率が70%で期待値が900円のトレード
10回トレードした場合
①利益が+2,600円
②利益が+3,300円

結果的には②の方が利益がでます。

勝率が高くても期待値が低ければ有効な手法ではないということだね
まけるくん
まけるくん

くれぐれも同じに捉えないようにしてください。

メンタルに大きく影響する

マーチンはメンタルが崩れる可能性が非常に大きいです。

なぜなら、

◎期待値が機能しません。
◎いつ勝てるかわからない勝率です。
◎その中で、エントリー金額はどんどん増えていきます。
◎不安定なトレード状況に陥ってしまいます
◎メンタルが崩れると正常な判断ができなくなります。
プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
マーチンを取り入れることで根拠の無いところでのトレードをしてしまったり、自分で決めたルールを守れなくなる危険性が高くなる。

そうなるとなんてことない1回の負けから総崩れになり一気に資金を失う場合があります。

マーチン法はメンタルに非常に大きな影響を与えます。
サーチくん
サーチくん
気をつけてください。

連敗で心が折れる場合がある

心が折れると自暴自棄になり、根拠のないトレードや資金管理がずさんになります。

マーチン1セットは4回は負ける手法なので、負け続けることで途中で諦めてしまうケースも多くあります。

トレードを辞めてしまったり、投げやりになって資金全部掛けなどのギャンブルトレードになってしまうこともあります。

まなぶくん
まなぶくん
連敗を重ねても、自暴自棄や自信喪失にならないようにしてくだい。

口座によってマーチンが禁止されている

業者によってマーチン法を禁止している業者もあります。

利用規約や禁止事項に直接記載がある業者はあまりありません。

しかし、取引上限額を決めている業者はマーチン法が禁止になっている場合が多いです。

そもそも、マーチン法は負けたら倍掛けをしていく方法なので、開始の資金が多ければ多いほど掛金は膨らんでいきます。

ハイローオーストラリアの場合は取引上限額が20万となってますので、それ以上の金額でエントリーできません。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
取引上限額に触れた取引をしていれば口座凍結や資金没収などの危険性が出てくる
ハイローオーストラリアなどの取引上限額が決められている業者は凍結リスクがあるため注意が必要です。

特にマーチンの自動売買ツールは危険

マーチン使用の自動売買ツールはリスクだらけなので絶対にオススメしません。

「ツールが勝手にやってくれるから、メンタルも関係ないし安心じゃない?」と安易に考えて手をだしてしまうと非常に危険です。

連敗を重ねて資金が溶けるだけならまだいいですが、バイナリーオプション業者は自動売買ツールを禁止にしているところが多く、口座凍結に繋がります。
まけるくん
まけるくん

ハイローオーストラリアでも自動売買は禁止していて、口座の強制解約にしっかりと明記されています。
マーチンも禁止されています。
また、自動売買も禁止になっています。

両方を満たす「マーチン使用の自動売買ツール」は危険そのもの。

口座凍結や解約を防ぐためにも使うのはやめましょう。

バイナリーオプションのマーチンに必勝法はある?

ここまでの内容ではマーチンのリスクについての解説ばかりでした。

しかし、正しく行うことでマーチンは有効は手法となります。

マーチンを有効使うための必勝ポイントを3つご紹介します。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
  • 膨大な資金力があれば勝率は高くなる
  • テクニカル分析と組み合わせる
  • 自分で決めたルールを守る

この3つをしっかりと守ることができれば、マーチン法を使ってトレードを優位に進めつことができます。

勝ち越すことができるようになりますので、しっかりと頭に叩き込んでください。

膨大な資金力があれば勝率は高くなる

膨大な資金力があればマーチンを行える回数が多くなるので勝率は高くなります。

マーチン法を使うと1回の負けで大きな損失がでます。

資金が少ないと何度もマーチン法ができずに負け越すことが多くなりますね。

マーチンは1セットの負けで資金がなくなり後がない状況に追い込まれます。

その時に資金に余裕があれば、多少負けても精神的なダメージは無くなりますよね。

例えば、資金20万の人と100万の人では、負けた時のメンタルが違います。

マーチン法をするのであれば膨大な資金を準備しましょう。

◎膨大な資金力があった場合のシミュレーションも追加しましょう。

①今回の場合、1セット負けで約36000円マイナスになります。

②資金20万で−36,000円の場合、残金164,000円となり20%の損失

③資金100万で−36,000円の場合、残金は964,000円となり4%の損失です。

④資金20万の人は5セットで資金が底を付きますが、資金100万の人は27セットまでできます。

当然、挑戦できる回数が多い方が勝率は上がるので、膨大な資金をしっかりと用意しましょう。

テクニカル分析と組み合わせる

テクニカル分析とマーチン法を組み合わせて行うことで勝率が上がります。

バイナリーオプションはエントリーの根拠を持つ必要があります。

テクニカル分析をしないで「次こそは!」と根拠のない倍掛けのマーチンをしても勝率はあがりませんね☆
かてるちゃん
かてるちゃん

単純勝率50%よりも可能な限り勝率を上げるのがテクニカル分析です。

例えば、テクニカル分析で勝率を80%まで引き揚げた場合。

  1. 1回目負ける確率が20%
  2. 2回目はその20%のうちの20%なので負ける確率は4%
  3. 3回目はその4%のうちの20%なので0.8%
  4. 3回目で負ける確率を1%以下まで下げることが可能になります。
プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
テクニカル分析を組み合わせることで負け難くなる。
バイナリーオプションを行うにあたってテクニカル分析は必要不可欠です。
しっかりと知識をつけ攻略していきましょう。

自分で決めたルールを守る

自分で決めた必勝ルールをしっかりと守ることで、マーチン法を使って勝てるようになります。

なぜなら、マーチンというのは、負ければ負けるだけ掛け金が増えていきます。

ルールを決めずに勝てるまでマーチンを繰り返した場合、掛け金がとんでもない金額になってしまうので、通常の精神状態を保てなくなります。

精神が不安定な状態のままでは、正常なトレードができなくなり負けに繋がりますね。
まけるくん
まけるくん

今回は5回1セットとしてますが、2回だけでも3回でだけでもいいでしょう。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
テクニカル分析と合わせて、「条件が揃った時だけマーチン込みでエントリーする!」とルールを決めよう。
ルールを決める目的は、適当にマーチン法をしないようにするためです。

自分で決めたルールを守ことで、安定した勝利につながります。

LINE3大特典

バイナリーオプションのマーチンで負ける人の特徴

負ける人の特徴は以下の3つが挙げられます。

  • 経済的に余裕がない人
  • 軽い気持ちで実践している人
  • 1回の勝ち負けに一喜一憂する人

それぞれ詳しく解説していきます。

経済的に余裕がない人

マーチンは負けたら掛け金を倍額していくので最初から非常に大きな資金が必要となります。

上記で説明してありますが、今回のルールでは最低36万あって1000円エントリーでスタートできることになります。

10万程度の資金では、1セット負けでいきなり40%の損失になってしまいます。

たったの900円の利益のために資金の40%を失うことはできません。

マーチン手法を取るには経済的に余裕がないと負ける可能性が高いです。

軽い気持ちで実践している人

マーチンは負けると掛け金が倍額していくので、軽い気持ちでエントリーしているとあっという間に資金が底をつきます

そもそもトレードは運や勘などの軽い気持ちエントリーして勝てる訳はありません。

「勝率は50%だからどこかで勝つだろ〜」

「負けたらマーチンで追えばいいや〜」

と思って勝てるようだったら誰でも勝ってます。

実際にシュミレーション表で見るとわかるように、マーチンでちょっと連敗しただけであっという間に資金を失います。

マーチンゲールシミュレーション

マーチンを行う際には慎重にしましょう。

1回の勝ち負けに一喜一憂する人

バイナリーオプションでは、勝ちが続くことや負け続くこともあります。

トレードというのは勝ち負けを繰り返し、半年や一年の長期的にみて初めて効果を発揮すると言われています。

その中には、5連敗する日や10連勝する日もあるでしょう。

年間何百回とトレードするわけなので、その日1日の勝ち負けで一喜一憂しているようではいつまでも勝てるようになりません。
まなぶくん
まなぶくん
かてるちゃん
かてるちゃん
1日の勝ち負けではなく長期的に少しでも+になっていれば、投資として成り立つよね☆

1回の勝ち負けでメンタルを左右されているならばギャンブル思考になっています。

1回負けたくらいでマーチン法を使うようでは勝てるようになりません。

まとめ:バイナリーのマーチンは危険性を正しく理解して行うのがおすすめ

今回はバイナリーオプションでのマーチンゲール法に関して説明してきました。

この記事では

  • マーチンの仕組み
  • マーチンのリスク
  • マーチンで勝つための方法
  • 負ける人の特徴

について解説しました。
マーチンは、非常にリスクが高いので安易に手をださない方がいいです。
しかし、正しく活用すれば有効な手法にであることも確認できました。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
マーチンは正しく活用すれば有効な手法である

マーチンをする際は勝つ為の方法をしっかり取り入れて充分に注意して行いましょう。

プロトレーダーキング
プロトレーダーキング
疑問・質問はLINEにてご連絡をいただければ、最速でお返事するよ!お気軽にお問い合わせあれ!

キングツールバナー2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。