バイナリーオプションの怪しい手口を一挙解説!事前に見抜いて詐欺から身を守る!

バイナリーオプションでは、怪しい手口を使った詐欺が横行しています!事前に対策をとり、詐欺から身を守ることが必要です。

バイナリーオプションにおける怪しい手口について、

  • どんな手口がある?
  • 事前に対策をして身を守りたい
  • もし騙されたらどうすればいいの?

とお悩みの方が多いです。

実際バイナリーオプションには、あらゆる方法でお金を騙し取ろうとする詐欺業者や詐欺師が存在しています。

あなたが詐欺の被害者にならないためにも、この記事ではバイナリーオプションの怪しい手口を余す所なく解説していきます。

具体的には、

  • バイナリーオプションにまつわる怪しい手口
  • バイナリーオプションの怪しい手口を体験した人の証言
  • バイナリーオプションの詐欺被害から事前に身を守る方法
  • バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまったら

について紹介します。

この記事を読むことで、

  • バイナリーオプションの怪しい手口を理解できる
  • 詐欺の被害を事前に回避できるようになる
  • バイナリーオプションで詐欺被害に遭った時の対処法がわかる

というメリットがあります。

ぜひ最後までご覧ください。

バイナリーオプションにまつわる怪しい手口まとめ

バイナリーオプションにまつわる怪しい手口まとめ

バイナリーオプションにおける詐欺は、主に以下の3つに分類されます。

  • インスタのレクチャー講師によるシグナル配信
  • 独自の口座に入金させて出金できない業者
  • 高額の自動売買やシグナルツール

それでは、それぞれの詐欺における、怪しい手口について深掘りしていきます。

インスタのレクチャー講師によるシグナル配信

画像1

インスタのレクチャー講師によるシグナル配信は、その多くがインスタで美人な女性の写真を使って人を集め、シグナル配信へと誘導していきます。

ちなみにシグナル配信とは、バイナリーオプションで売買の指示を受けるサービスになります。

そんなインスタのレクチャー講師によるシグナル配信の怪しい手口とは、配信を受ける側が騙されていることに気付きにくい仕組みをとっていることです。

その仕組みは、ほとんどのレクチャー講師が設けている受講条件にあります。

その受講条件とは、

  • レクチャー料は利益が出てからの後払い式
  • レクチャー講師の紹介でバイナリーオプション口座を開設

となっています。

一見すると、利益が出るまではレクチャー料を支払わないわけなので、問題ないようにも思えてしまいます。

しかし、注目するべきなのはレクチャー講師の紹介でバイナリーオプション口座を開設するという点んです。

レクチャー講師は、わざわざ紹介によって口座を開設させる訳なので、バイナリーオプションの口座開設による、アフィリエイト収益を得ることになります。

アフィリエイトとは、商品やサービスを紹介して、紹介によって申込が入ったら紹介料がもらえる仕組みのことです。

仮にレクチャー講師が、シグナル配信で本当に勝たせる技量があるのであれば、自分で取引する方が効率的です。

しかし、わざわざこの様な方法を取るということは、後払い式のシグナル配信は人を集めるための広告であり、レクチャー講師の目的はアフィリエイト収益ということになります。

このインスタのレクチャー講師の怪しい手口は、レクチャー料を後払い式にすることで、騙されていることに気付きにくくしているので注意が必要です。

口座に入金したお金を出金できない業者

バイナリーオプションの口座に入金したお金が、厳しい出金条件によって実質的に出金ができない業者が存在しています。

この業者の怪しい手口とは、出金条件の詳細を隠していることです。

そのよい例としては、入金額に対して20%〜100%のボーナスが付与されるTHE BINARY(ザ・バイナリー)が挙げられます。

ザ・バイナリーの公式サイトに記載された出金条件は、最低出金額が10,000円以上です。

・最低出金額は、10,000円(100ドル)からとなっております。

・弊社手続きによる出金手数料は無料となりますが、銀行間の送金手数料とお客様がお取引されている金融機関への海外送金にかかる金融機関指定の受取手数料が別途必要となる場合がございますので、お客様ご自身でご確認くださいませ。

・出金までにかかる日数は通常5営業日以内となっております。

引用元:ザ・バイナリーよくある質問
しかし、ザ・バイナリーの利用規約に記載された出金条件は、

  • ボーナスを受け取った場合:ボーナスを含む受け取った額×15倍の取引
  • ボーナスを受け取っていない場合:入金した金額分の取引

になっています。

7-4
出金手続は、ご入金額以上のお取引後に可能になります。お取引額がご入金額未満の場合は出金手続は行えません。

16-1 b)
ボーナスが付与された場合は、ご入金額+付与ボーナス金額の15倍(※キャンペーンにより異なります)の取引の後に出金が可能となります。

引用元:オンライン利用規約およびエンドユーザー向け使用許諾契約
公式サイトの出金条件では、10,000円以上であれば出金できると書かれていますが、利用規約の出金条件によると、最低でも入金した金額分取引をしないと出金できないと書かれています。

このように、入金したお金を出金できない業者では、出金条件の詳細を隠すという怪しい手口を使っているので、注意が必要です。

高額の自動売買やシグナルツール

SNSやホームページを中心に、バイナリーオプションの高額な自動売買やシグナルツールが売られています。

これらのツールを販売する業者の怪しい手口は、信憑性の低い謳い文句です。

高額の自動売買やシグナルツールは、

  • 常に勝率90%超え
  • 1週間で20万円になった
  • 絶対に勝てる

などの怪しい謳い文句で売られています。

しかし、これら断定的な謳い文句についての根拠が示されていないので、本当にそれほどの性能があるのかを判断することができません。

とはいえ、投資において絶対や常に勝率90%というのは、あり得ないことです。

そのため、このような信憑性の低い謳い文句で売られている高額の自動売買やシグナルツールには、注意が必要です。

バイナリーオプションの怪しい手口を体験した人の証言

バイナリーオプションの怪しい手口を体験した人の証言

実際に、バイナリーオプションの怪しい手口を体験した人の証言を紹介します。

インスタのレクチャーに申し込んだ人の証言

インスタのレクチャーに申し込んだ人の証言は、以下の通りです。

バイナリーオプションのレクチャーについて。
今、すごく不安で焦っています。

昨日、バイナリーオプション取引のレクチャーをします、というインスタの書き込みにつられ、言われるがままに海外業者のサイトで口座開設および入金をしました。

ところが、更にもう1つ口座が必要と言われ、さすがにおかしいと思い遅ればせながら色々調べたところ、両業者共、無許可業者でおまけに詐欺被害が多発している事を知りました。

なので、レクチャー自体を断ろうと思っているのですが、先に開設したサイトから、アフィリエイトやレベニューシェア?等の制度の関係で、私の個人情報(名前・住所等)やこれからの取引状況が、紹介者に知られてしまう事はあるのでしょうか?

ご存知の方、ご回答をよろしくお願いします。

引用元:知恵袋

この方はインスタのレクチャー講師に言われた通り、海外バイナリー業者で口座を開設したようです。

その後、さらにもう1つ口座の開設を求められたようなので、やはりレクチャー講師は口座開設によるアフィリエイト収益が目的です。

幸いにも途中で怪しいことに気付きレクチャーを断ろうとしているので安心ですが、仮に気付かずにレクチャーを受けていれば、バイナリーオプションで勝てずにお金がなくなっていたかもしれません。

このような、インスタのレクチャー講師を安易に信じない事が大切です。

詐欺業者に入金してしまった人の証言

詐欺業者に入金してしまった人の証言は以下の通りです。

ザ・バイナリーの出金条件は、

  • 受け取ったボーナスで取引した場合:ボーナスを含む受け取った額×15倍の取引
  • ボーナスを受け取っていない場合:入金した金額分の取引

とかなり厳しいものです。

また、入金時には、20%~100%のボーナスが付与されるので、仮にボーナスを受け取ってしまった場合には、かなりの金額で取引をしない限り出金できないのです。

自動売買ツールを購入した人の証言

自動売買ツールを購入した人の証言は、以下の通りです。

こないだ、Facebookで知り合った坂○という人からバイナリーオプションの売買シグナルのツールを35万で買ったのですが、マニュアルどうりやっても勝てません。シグナル3回まではマーチンで取引行
います。ラインでサポートしてくれるはずなんですけど、質問しても、なかなか返事を返してくれません。
これは、詐欺なのでしょうか?
仮に詐欺だとしたらお金を取り戻す事は、出来るのでしょうか?

引用元:知恵袋

 

Facebookを通して、シグナルツールを35万円で購入したとのことですが、マニュアル通りに取引をしても勝てないようです。

LINEでのサポート対応もしてもらえないようなので、明らかに詐欺だといえます。

このように、バイナリーオプションでは怪しいツールを販売する悪質な業者が存在するので、注意が必要です。

バイナリーオプション詐欺被害から事前に身を守る方法

バイナリーオプション詐欺被害から事前に身を守る方法

バイナリーオプションの怪しい手口から事前に身を守るためには、以下4つの対策が必要です。

  • 甘い話が有料で売られていても信じない
  • 感情を煽られていないか振り返る
  • きちんと勉強して投資で勝つ気持ちを持つ
  • 有名な業者を使えば危なげがない

甘い話が有料で売られていても信じない

まず1つ目の対策は、甘い話が有料で売られていても信じないことです。

例えば、レクチャー講師は「誰でも簡単に勝てる」「後払いなので安心」など甘い言葉を巧みに使い、シグナル配信へと誘導してきます。

しかし、忘れてはならないのが、甘い言葉の裏にはカラクリがあるということです。

自分だけが得するような情報は、相手側になんの得があるのか?を考えてみてください。

インスタのレクチャー美女が無料で教える→アフィリエイト報酬を目的としていること

いろいろと条件がいい!という理由で入金させる→実際は出金しづらい

というように、甘い話には裏があるということです。

そのため、甘い話が有料で売られていても、絶対に信じないようにしてください。

感情を煽られていないか振り返る

2つ目の対策は、感情を煽られていないか振り返る事です。

お金をだまし取ろうとする業者は、あなたの期待感を煽ってきます。

例えば、

  • 大事なのは勇気をもって踏み出す一歩
  • あまりに好評で、残り3名限定!

などです。

このような感情を煽る謳い文句があれば、それはバイナリーオプションにおける怪しい詐欺手口の可能性が高いので、真っ先に疑うようにしてください。

きちんと勉強して投資で勝つ気持ちを持つ

3つ目の対策は、きちんと勉強をして投資で勝つ気持ちを持つことです。

高額なツールではAIを使ったシステムなど、信憑性を高める謳い文句が多いですが、そもそも裁量以外で勝とうと考えてはいけません。

仮に、シグナルツールや自動売買だけでバイナリーオプションに勝てるのであれば、トレーダーが負けることで利益を得られるバイナリーオプション業者は、とっくに潰れています。

そのため、高額なツールや自動売買を使うのではなく、自分の力で勝つ気持ちを持って、バイナリーオプションをするように心掛けてください。

有名な業者を使えば危なげがない

有名なバイナリーオプション業者を利用すれば、入金したお金が出金できないなどの出金トラブルを回避できます。

有名な業者であれば利用している人の数が多いので、その分口コミ・評判がネット上に上がっているからです。

仮に、出金トラブルが多い業者であれば、ネット上に悪評が多くなるので、バイナリーオプション業者の名前を検索すれば、すぐにわかります。

どこのバイナリーオプション業者を使えばよいのかお悩みの方は、国内でも評判のよいハイローオーストラリアがおすすめです。

バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまったら

バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまったら

万が一バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまった時の対応を3つ紹介します。

  1. 消費者センターに相談する
  2. 金融庁に相談する
  3. 弁護士に相談する

消費者センターに相談する

万が一バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまったら、まずは消費者ホットラインもしくは国民生活センターに相談するのがおすすめです。

消費者センターは各自治体に配置されており、消費生活全般に関する相談や苦情を、消費生活相談員・消費生活アドバイザー・などの資格を持った専門の相談員が受け付けて処理してくれる機関です。

消費者センターが行ってくれる対応は、

  • 解決のための助言
  • トラブル相手との交渉をあっせん
  • 弁護士など各分野の専門機関への紹介

です。

あっせんとは、トラブル相手と当人の間に入り、うまく行くように手助けすることです。

もちろん消費者センターに相談すれば必ず解決できるというわけではありませんが、その後の対応や弁護士など各分野の専門機関への紹介など、解決の手助けをしてくれます。

そのため被害に遭ってしまった場合には、最初に各自治体の消費者センター窓口に直接相談に行くか、電話にて相談するのがおすすめです。

各自治体の消費者センターによって、営業時間・問い合わせ先が異なるので、注意が必要です。

また、土日祝日は、各自治体の消費者センターが閉まっているので、消費者ホットラインに電話をかけると、国民生活センターに繋げてもらえます。

消費者ホットライン(全国統一番号)の問い合わせ先
188(局番なし)

金融庁に相談する

続いて、2つ目の対応は、金融庁への相談です。

金融庁が行ってくれる対応は、

  • 相談対応
  • 情報提供

のみで、解決に向けて直接動いてくれるわけではありません。

金融庁は、トラブル相手との交渉あっせん業務を証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)に委託しているのです。

そのため、相談対応や情報提供を望む方は金融庁の相談窓口である、金融サービス利用者相談室に相談してください。

金融サービス利用者相談室の問い合わせ先
0570-016811
平日10時00分~17時00分
ウェブ窓口はコチラ

交渉あっせんを望む方は、証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)に相談が有効です。

証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)の問い合わせ先
0120-64-5005
平日9時00分~17時00分
ウェブ窓口はコチラ

弁護士に相談する

万が一バイナリーオプションで怪しいレクチャーに騙されてしまった時の最終手段は、弁護士への相談です。

弁護士は、法律に関して専門的な知識を持っているので、詐欺被害が解決に繋がりやすくなります。

弁護士が行ってくれる対応は、

  • 相談や交渉といった法律事務
  • 裁判での代理人
  • 被害届の提出

です。

とはいえ、弁護士に相談して投資詐欺を解決してもらう場合には、

  • 相談料1時間につき1万円前後
  • 着手金(頭金)は回収したお金の10~2%
  • 報酬金は回収したお金の16~4%
  • 弁護士の交通費などの経費

が掛かってきます。

仮にお金を回収できたとしても、弁護士への支払いがあるわけなので注意が必要です。

まとめ

今回は、バイナリーオプションの怪しい手口について紹介してきました。

バイナリーオプションにおける怪しい手口には、

  • インスタのレクチャー講師によるシグナル配信
  • 独自の口座に入金させて出金できない業者
  • 高額の自動売買やシグナルツール

の3つがあります。

あなたが安心してバイナリーオプションをするには、

  • 甘い話が有料で売られていても信じない
  • 感情を煽られていないか振り返る
  • きちんと勉強して投資で勝つ気持ちを持つ
  • 有名な業者を使えば危なげがない

の4つの対策が必要です。

特に利用するバイナリーオプション業者に気をつけるだけで、出金トラブルは回避することができます。

そのため、利用するバイナリーオプション業者は、比較的知名度の高い業者を選ぶことが重要です。

まだ、利用するバイナリーオプション業者に迷っている方は、バイナリーオプション業者最大手のハイローオーストラリアにて、デモ口座を使い練習するのがおすすめです。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。