バイナリーオプションの判定時間の選び方と初心者に一番オススメなのはどれ?

バイナリーオプションの判定時間の選び方と初心者に一番オススメなのはどれ?
サーチくん
サーチくん
バイナリーオプションの判定時間は、どれを選べばいいの?
バイナリーオプションのオススメな判定時間を知りたいな。
かてるちゃん
かてるちゃん
まなぶくん
まなぶくん
勝率の高い判定時間はどれなの?
この記事は、上記のようなお悩みをお持ちの方に向けたものです。

特に初心者の方は、どの判定時間を使えばよいか分からず、迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では次のことについてご紹介します。

  • 国内業者と海外業者の判定時間の違い
  • 判定時間別の攻略方法
  • おすすめの判定時刻
この記事を読むことで、判定時間を迷うことがなくなり、highlow15分を使った方がよい理由を理解することができます。

政岡バイナリーのライン

バイナリーオプションの判定時間選びで勝率は激変する!

バイナリーオプションの判定時間選びで勝率は激変する!
バイナリーオプションの判定時間には、それぞれの特徴があり、利用する判定時間によって勝率が大きく異なります。

それでは、バイナリーオプションの判定時間について深掘りしていきます。

判定時間とは

まなぶくん
まなぶくん
バイナリーオプションにおける判定時間とは、バイナリーオプションの「エントリーから勝敗が決まるまでの時間」のことです。
また、バイナリーオプションの勝敗が決まる時刻を判定時刻といいます。

例えば、判定時間15分で13:30分にエントリーした場合、判定時刻は15分後の13:45です。

お気づきの方もいらっしゃるでしょう。

仮に同じタイミングでエントリーしたとしても、判定時間によって勝敗が異なります。
判定時間
政岡吉宗
政岡吉宗
上の画像の四角で囲まれたローソク足の始値でHighエントリーをした場合で考えてみよう。
判定時間1分では勝つことができる。
しかし、判定時間5分では、負けの判定になるな

バイナリーオプションの判定時間選びは勝敗が分かれます。

判定時間選びは重要です。

国内と海外の判定時間の違い

判定時間は、バイナリーオプション業者によって多少異なります。

特に国内業者と海外業者では、大きな違いがあります。
その違いは国内バイナリーオプションでは、30秒や5分といった短期取引ができないことに起因します。

国内バイナリーオプション業者は、2013年に受けた規制によって、判定時間を2時間以上にすることを定められました。

日本国内のバイナリーオプションでは、規制により判定時間が2時間未満の短期取引ができません。

それに対して海外業者であれば、30秒から1日など幅広い判定時間から選ぶことができ、当然短期取引もできます。

つまり、国内業者は海外業者に比べると、判定時間を選択する自由度がかなり低くなっています。

国内バイナリーオプションの業者別判定時間

国内バイナリーオプションの業者別判定時間

それでは、具体的な国内バイナリーオプション業者の判定時間を紹介していきます。

判定時間 取引可能時間
IG証券
  • 2時間
  • 当日(23時間)

EX)AM2:00~翌日AM1:00など

24時間
GMOクリック証券 2時間 AM8:00~翌日AM5:00
FXプライムbyGMO 2時間 AM8:00~翌日AM4:00
楽天証券 らくオプ 2時間 AM8:20~翌日AM4:20
トレイダーズ証券 みんなのオプション 2時間 AM8:10~翌日AM6:10
YJFX! オプトレ! 2時間 AM7:25~翌日AM5:25

※IG証券を除く国内業者の判定時間は2時間のみとなっています。

国内業者は、判定時間が長い分、1日にできる取引回数は少ないので、取引回数の多い海外業者と比べると資金効率がかなり悪いです。
まけるくん
まけるくん
毎回必ずしもエントリーチャンスがあるわけではないのに、さらに取引回数が限られてしまいます。
そのため、取引回数の限られる国内業者を利用するのは、あまりオススメできません。

政岡吉宗公式ラインの登録

海外バイナリーオプションの判定時間について解説

海外バイナリーオプションの判定時間について解説

国内バイナリーオプション業者に対して、海外バイナリーオプション業者の判定時間を紹介していきます。

今回は、海外バイナリーオプション業者の中で最も有名な「ハイローオーストラリア」を例に判定時間を紹介していきます。

判定時間の種類

まなぶくん
ハイローオーストラリアでは、ターボ(TurboとTurboスプレッド)とハイロー(HighLow)の2種類の取引方法がありますね。

さらに、それぞれの取引方法は、判定時間が異なっています。

ターボ(TurboとTurboスプレッド)

ターボ
ターボとは、自分がエントリーした時点から判定時間がスタートする取引です。

例えば、15:00に判定時間5分でエントリーした場合には、15:00から5分後の15:05が判定時刻となります。

そんなターボ(TurboとTurboスプレッド)の判定時間は、以下の4種類です。

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分

ターボの判定時間は比較的短めに設定されており、最も長い判定時間でも5分間です。

政岡吉宗
判定時間が短い分、1日の間でエントリーチャンスが多いというメリットがあるぞ

ハイロー(HighLowとHighLowスプレッド)

ハイロー
ハイロー(HighLowとHighLowスプレッド)とは、判定時刻があらかじめ決められている取引です。

そんなハイロー(HighLowとHighLowスプレッド)の判定時間は、以下の3種類があります。

  • 15分
  • 1時間
  • 1日

ハイローは、判定完了時間の1分前までであれば、いつでもエントリーすることができます。

判定時間

このように、開始時間と判定時刻は、あらかじめ決まってます。

判定時刻の1分前までであれば、いつでもエントリーOK!
かてるちゃん
かてるちゃん
★ターボの場合、エントリー地点から判定時間がスタート

するのに対し、

★ハイローは、あらかじめ判定終了時間が決まっている

という違いがあるので注意が必要です。

HighLow15分取引に関しては以下の記事でも詳しく解説しています。

判定時間の基本的な考え方

判定時間における基本的な考え方は、以下の2つです。

短い時間は勝率が悪くなる代わりにペイアウト率が高い
長い時間は勝率が良くなる代わりにペイアウト率が低い
◎30秒や1分のように判定時間が短い場合

瞬間的な値動きの幅が視覚的に大きくなることでチャート分析がききづらいため、勝率が悪くなります。

まけるくん
まけるくん
かてるちゃん
かてるちゃん
◎5分や15分のように判定時間が長い場合

超短期取引比べてチャート分析による攻略がしやすく、上位・下位足も利用できるため勝率が良くなります。

またペイアウト率は、バイナリーオプション業者がトレーダーに支払っています。

勝ちやすい判定時間のペイアウト率は低く、勝ちにくい判定時間のペイアウト率は高く設定して、バランスをとっています。
政岡吉宗
政岡吉宗
つまり、この基本的な考えを使えば、勝率の高い判定時間を知ることができるんだ

政岡吉宗公式ライン

判定時間別のハイローオーストラリア攻略法

判定時間別のハイローオーストラリア攻略法

続いて、判定時間別のハイローオーストラリア攻略方法を紹介していきます。

今回紹介する攻略方法の対応判定時間は、以下の4つです。

  • 30秒や1分のターボ取引
  • 5分・15分取引
  • 1時間以上の取引
  • 1日取引

判定時間別の攻略方法を紹介します。

まずは1つの判定時間に絞って勝率を安定させることが重要です。

初心者のうちにあれこれ手を出すと、コストと取引のデータが分散するため上達しにくいからです。

政岡吉宗
政岡吉宗
そのため初めのうちは、どれか1つの判定時間で安定的に勝つことを目指そう

30秒や1分のターボ取引

30秒や1分のターボ取引の攻略方法は、「1方向長ヒゲの次足で逆張り」です。
長ヒゲ逆張り

上の画像のように

◎1方向に長いヒゲを作った次の足では逆方向へ値動きする傾向があります。

★1方向に長いヒゲを作ったローソク足の原理は次のことにより形成されています。

  • 1方向に買い・売りの強い力が働いた
  • 対抗する買い・売りの力によって勢いが弱まる
  • 対抗する買い・売りの力に負け押し返される
まなぶくん
まなぶくん
つまり、1方向に長いヒゲを作ったローソク足の終盤では、ヒゲとは逆方向に買い・売りの力が加わっているので、次足で逆張りが有効なんですね

しかし、30秒・1分取引は、判定時間が短すぎるあまり、テクニカル分析が反映されにくいので、あまりおすすめできません。

また、ノイズと呼ばれる瞬間的な値動きによって負けてしまうこともあるので注意が必要です。

5分・15分取引

5分・15分取引の攻略方法は、「RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り手法」です。
RSIボリンジャーバンド
RSIとボリンジャーバンドを使った逆張り手法のエントリータイミングは至ってシンプルです。
  • ボリンジャーバンドの±2σを突き抜けた状態
  • RSIが80以上or20以下で逆張りエントリー

この二つに注目してエントリー!

この手法は、相場の買われすぎ・売られすぎを判断する「RSI」と相場の振れ幅を統計学的に示す「ボリンジャーバンド」を組み合わせる手法です。

2つの根拠でエントリーをするので、チャンスは限定されますが、より精度の高い反発点で逆張りができます。

ちなみに、MT4でのRSIとボリンジャーバンドの設定値は、

  • RSI=期間:9・適応価格:Close・レベル表示:20・80
  • ボリンジャーバンド=期間:20・偏差:2・適応価格:Close

です。

1時間以上の取引

1時間取引の攻略方法は、「ブレイクアウトで順張り」です。
かてるちゃん
かてるちゃん
ブレイクアウトとは、レジスタンス・サポートラインを上方向・下方向に突破する値動きのことよね!
ブレイクアウト

このブレイクアウトが起きた直後には、トレンドが形成される傾向があるので、順張りをすることでトレンドの流れに乗ることができます。

しかし、ブレイクアウト後の順張りでは、「ダマし」に引っかかる危険性があります。
ダマし
ダマしとは、ブレイクアウト後に勢いが弱まり、トレンドが形成されないことですよね。
まけるくん
まけるくん
このダマしの対応策は、買われすぎ・売られすぎを判断するRSIを利用することです。
ダマしRSI
このように、ブレイクアウトが起きたとしても、RSIで70以上または30以下の場合には、エントリーしないことでダマしを避けられます。

RSIで70以上または30以下ということは、買われすぎ・売られすぎの状態です。

政岡吉宗
政岡吉宗
そのため、反発を警戒したトレーダーが利確をするので、トレンドは形成されずにダマしで終わる可能性が高いんだ。
RSIを使うことで、ダマしを回避できるので、ブレイクアウト後で順張りの精度が高くなります。

1日取引

1日取引の攻略方法ですが、そもそも1日取引は使わなくていいです。

政岡吉宗
政岡吉宗
1日取引は、短期取引とは違い、大きな値幅を狙う取引だ。
それならわざわざバイナリーオプションをする必要はない。

値幅の大きさが利益に直結するFXをやればいい

バイナリーオプションで1日取引をお考えの方は、判定時間を変えるか、FXを検討するのがおすすめです。

バイナリーオプションの判定時間!おすすめはズバリHighLow15分取引である理由

バイナリーオプションの判定時間!おすすめはズバリHighLow15分取引である理由
バイナリーオプションをする上で、おすすめな判定時間は、HighLow15分取引です。

その理由はこの3つ。

  • 判定時間が決まっている
  • 判定時間が3つで選べる
  • バランスがよくデメリットが少ない

HighLow15分取引については以下の記事でも詳しく解説しています。

バイナリーオプションはHighLow15分取引が初心者向けで勝ちやすい明確な3つの理由とは?

判定時間が決まっている

HighLow15分取引がおすすめな理由1つ目は、判定時間が決まっているからです。
値動きは、ローソク足の始まりと終わりが特に大きく動きます。

しかし、ハイローであれば、判定完了時間があらかじめ確定している取引なので、00秒に取引が終了します。

基本的にローソク足単位で言うと、次の足が形成された瞬間の値動きが大きくなるとされています。

そこで次足にいかない00秒での判定時刻の方が急激な値動きに巻き込まれづらいので、安定したエントリーが可能となります。

判定時間が3つで選べる

HighLow15分取引がおすすめな理由2つ目は、判定時間が3つの内から選べるからです。
3つの判定時間

上の画像のようにHighLow15分取引では、3つの判定時間の中から選ぶことができます。

また、HighLow15分取引は、判定時刻の1分前までであれば、いつでもエントリーが可能です。

そのため3つの判定時間は、次の時間のエントリー後の取引時間になります。

  • 1~5分
  • 5~10分
  • 10~15分
政岡吉宗
政岡吉宗
相場のスピード感に合わせて、取引時間を使い分けることができるのもHighLow15分取引ならではのメリットだな

バランスがよくデメリットが少ない

HighLow15分取引がおすすめな理由3つ目は、バランスがよくデメリットが少ないことです。

判定時間が30秒や1分といった短期の取引は、チャートの動きが不確定要素が多いために分析がしにくく、瞬間的な値動きに巻き込まれるデメリットがあります。

それに対して、判定時間が1時間以上の長期取引は判定までの時間が長すぎます。

判定までの時間が長すぎる弊害は次の通り

  • エントリーの機会も物理的に少なくなり
  • 自身のエントリー手法の検証も少なくなる

その点判定時間が15分の中期取引は、短期取引と長期取引の中間なので、それぞれのデメリットを相殺してくれています。

バイナリーオプションをする上でおすすめな判定時間は、HighLow15分取引です。

まとめ

まとめ

この記事では、バイナリーオプションの判定時間について紹介してきました。

バイナリーオプションの判定時間には、それぞれの特徴があり、勝率に大きな影響を与えます。

国内業者と海外業者では、判定時間に大きな違いがあります。

残念ながら国内業者では短期取引ができません。

短期取引ができるバイナリーオプション業者は、海外業者で最も有名な「ハイローオーストラリア」がおすすめです。

ハイローオーストラリアには、ターボとハイローの2種類の取引方法があり、それぞれで判定時間が異なります。

もし、判定時間に迷った方は、短期取引と長期取引のデメリットを相殺しているHighLow15分がおすすめですよ。

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。