BESトークンの特徴と、Libes内での役割など

BESトークンの特徴ってどんなものがあるか知りたい。

LibesでBESトークンがどのような役割をしているのか知りたい。

そんな疑問にこの記事ではお答えします。

この記事を読むと、BESトークンの特徴と役割がわかるようになります。

ぜひこの記事を読んでBESトークンについて理解してください。

BSEトークンは世界初e Sportsプラットフォーム「Libes」のネイティブトークン

eスポーツプラットフォーム「Libes」のネイティブトークンがBESトークンです。

BESとは、「Battle esports coin」の略になっています。

Libesを利用するためには、このBSEトークンを持っていないと利用できないの☆
かてるちゃん
かてるちゃん
eスポーツブラットフォーム「Libes」を利用するためにもまずBSEを手に入れましょう。

そしてLibesの可能性を体験してもらえたらと思います。

eスポーツとは

eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で現在とても注目されている業界の1つです。

世界での売り上げは、

2021年 約1165億円
2023年 約1758億円(予想)

となっています。

世界中から注目されているeスポーツは1990年代に欧米でプロゲーマーリーグが登場しました。

そして、韓国やフィリピンでは国をあげてeスポーツのサポートをしているほどです。

そんな中でも、フィリピンではeスポーツ選手の公式ライセンスを政府が発行しています。

まなぶくん
まなぶくん
今後、国家単位でeスポーツの後押しをする国が増えそうです。

日本ではまだまだ認知されてはいませんが、国内でもeスポーツのプロを育てる専門学校も出てきています。

2018年には、一般社団法人日本eスポーツ連合が設立されました。

現在は、コロナ禍の影響もあり、eスポーツ人口は増加傾向にあります。

実際に日本でもeスポーツのプロ選手は増えつつあります。
サーチくん
サーチくん

今後eスポーツは世界的にも大きく発展していく業界であることは間違いありません。

BESトークンの特徴

BESトークンの特徴を5つ紹介します。

  • Libesのスポーツベッティング報酬の50%を配当として受け取れる
  • BESトークンをステーキングして報酬を得られる
  • DEXでファーミング報酬を得られる
  • LibesのDAO(自立分散型組織)のガバナンストークンとして使える
  • NFTを作成し販売することができる

この5つになります。

では、1つずつ詳しく解説していきましょう。

Libesのスポーツベッティング報酬の50%を配当として受け取れる

BESトークンを保有しているとLibesのスポーツベッティング報酬の50%を配当として受け取れます。

ベッティングされた金額は5%が運営に入るようになっているのですが、その5%のうち50%が不労所得として手元に入ってくるような仕組です。

ベッティングの配分は、

  • 運営 5%
  • プレイヤー 15%
  • ユーザー 80%

となっていてこの「運営5%」の部分の50%が不労所得となります。

なのでベッティングの2.5%です。

政岡吉宗
政岡吉宗
不労所得狙いでBESトークンを購入しておくこともおすすめできます。

プラットフォームが成長しベッティングの金額が増えるほど不労所得も自然と増えていくのでBESトークンを持っているだけでも楽しめます。

夢の働かずに生活することなども決して夢ではありません。

BESトークンをステーキングして報酬を得られる

BESトークンをステーキングすることで所有料を増やすことができます。

ステーキングした最初の2年は配当がBESトークンで支払われ、そのあとはUSDTなどのステーブルコインで支払われる予定となっています。
まなぶくん
まなぶくん
ステーブルコインというのは、ドルや円などを基準としている仮想通貨のことです。

なので最初の2年のうちにたくさんBESトークンを手に入れた方が多くの利益を受け取れる可能性があります。

そのためにもはじめに多くのBESを手に入れて利益を増やしましょう。

DEXでファーミング報酬を得られる

BESトークンをDEXに預けて、ファーミング報酬を得られます。

SushiswapやUniswapなどのようなDEXに預け流動性を提供することでマイニングできるの☆
かてるちゃん
かてるちゃん

プラットフォーム外でBESトークンを運用することもできるのです。

ただ利回りなどを確認しておかないと損してしまう可能性も高いので注意して利用しましょう。

LibesのDAO(自立分散型組織)のガバナンストークンとして使える

LibesはDAO(自立分散型組織)として運営しています。

BESトークンを持っているとLibesの運営にも参加できます。
サーチくん
サーチくん

DAOはプラットフォームの運営の運営方針を決める際に投票して決めます。

その運営方針を決める投票券としてBESトークンは利用可能です。

どのようなゲームを取り扱うかなどとても重要な決定事項に参加できます。

BESトークンの保有量によって1票の重さは変わってくるでしょう。

NFTを作成し販売することができる

BESトークンを利用してプレイヤーはNFTを作成して販売することが可能です。

NFTでは販売した金額の70%を利益としてもらえます。

30%は運営に入ります。

NFTはLibes内のNFTマーケットで販売され、転売することもできるのよ☆
かてるちゃん
かてるちゃん

どのようなものをNFTにできるのかというと、

  • ゲームのワンシーンを切り取ってNFT化する
  • プレイヤーと一緒にゲームができる権利をNFT化する
  • 試合中に広告を出せる権利をNFT化する

これらのものが考えられます。

欲しいプレイヤーのNFTが売っていたら、高額でも購入する人は一定数いることでしょう。

そして現在は無名でも、将来的に有名プレイヤーとなることも考えられます。

そんな場合はNFTも当然プレミアとなり考えられないような価値となるかもしれません。
サーチくん
サーチくん

もしプレミアNFTを持っていて転売したとしたら、いきなり億万長者になる可能性もゼロではないです。

実際にNFTが6900万円で売買された実績もあります。

まなぶくん
まなぶくん
eスポーツプレイヤーにとっては新しい収益を得る方法です。
IEOは世界第2位の取引量を誇る取引所で行われる

BESトークンのIEOは、香港の仮想通貨取引所で世界第2位の取引量を誇る「IDCM」で開催されます。

政岡吉宗
政岡吉宗
取引所でIEOされるということは、取引所の審査を通ったということなのでプロジェクトの信頼性も高いです。

世界トップクラスの仮想通貨取引量を誇る取引所でIEOが行われるので、世界中の投資家がBESトークンを購入することが考えられます。

そのため、開始直後に一瞬で売り切れになってしまう可能性が高いです。

IEO後数ヶ月でプラットフォームが稼働し始めるので、すぐにLibesを体験することができます。
多くのプラットフォームは、IEO後プラットフォームが稼働し始めるまで、年単位の時間がかかることもあるのでかなりのハイスピードだということがわかりますね。
まなぶくん
まなぶくん

プラットフォームが始まればトークンの価格が上がるので、プレセールでBESトークンを買った人は多くの利益を出せるかもしれません。

LibesでのBESトークンの役割を紹介

LibesでのBESトークンの役割は3つです。

  • ギフティング
  • ベッティング
  • NFT

この3つになります。

では、一つずつ具体的に解説していきましょう。

ギフティング

ギフティングとは、eスポーツ選手にトークンを投げ銭することです。

応援、素晴らしいプレーをするプレイヤーにギフティングすることでプレイヤーの収入になります。
ギフティングの手数料は完全無料と破格なの☆
かてるちゃん
かてるちゃん

収入が増えるとプレイヤーは、よりeスポーツに集中できるようになり素晴らしいパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

そして、競技人口も増えeスポーツのプロプレイヤーになる人も多くなることが予想できます。

ベッティング

ベッティングとは、eスポーツの試合にBESトークンを賭けることです。

ベットしたチームや選手が試合に勝つと、報酬を受け取れます。

賭け金の配分は、

  • 運営 5%
  • プレイヤー 15%
  • ユーザー 80%

このような配分となっています。

これを見るとわかるのですが、ユーザーへの配分が80%ととても高配当です。

まなぶくん
まなぶくん
日本の他のギャンブルと比べても高額な配当になってます。

日本に住んでいると想像できないのですが、海外だとスポーツへの賭けは盛んに行われています。

オンラインギャンブルでは過去に、1試合で数億円の大金を賭ける人もいました。

大金をベッティングするために大量のBESトークンが必要となるので、BESトークンの価格が上昇する可能性が考えられます。
サーチくん
サーチくん

価格が上がる前にBESトークンを持っていて、価格が上がった後に売却すればかなりの大金が一瞬にして手に入るかもしれません。

NFT

Libesのプラットフォーム内でNFTの売買をおこなえます。

プレイヤーは試合の一部をNFTとして販売して利益を得ることが可能です。

NFT購入者は買ったプレイヤーが有名になりNFTの価値が上昇したら、転売することも可能となっています。

将来的に大きな利益を得られる可能性があります。

プレイヤーは自分が有名になればNFTの価格が上がるので有名プレイヤーになる努力をする人が増えるでしょう。

するとeスポーツは、さらに活性化していくのでBESトークンの価値が上がる可能性があります。
まなぶくん
まなぶくん

BESトークンについて理解して利益を手に入れよう

ここまでBESトークンについての特徴や役割について解説してきました。

BESトークンにはプレイヤーにとっても、ユーザーにとってもメリットのあるトークンです。
政岡吉宗
政岡吉宗
eスポーツ業界が活性化するのにとても役立つことが分かってもらえたと思います。

そして、今のコロナ禍という状況とも相性がいいです。

Libesプラットフォームやeスポーツという業界は、今後とても伸びる可能性があるので、BESトークンも価値が上がる可能性が高いです。

もちろん仮想通貨なのでリスクもありますがそれ以上に価値があるトークンとなっています。

ぜひこの機会にBESトークンを手に入れて利益を手に入れてください。

こちらの記事はBESトークン公式のサイトから情報を取得して書いています。

BESトークン公式サイト

https://bes-token.com/

BESトークン公式ツイッター

https://twitter.com/bes_token

Libes公式サイト

https://libes.io/

Libes公式ツイッター

https://twitter.com/Libes_eSports

 

 

The King Of Binary 【ワイルドカードシステムの詳細】ワイルドカードシステムバナー-1024x1024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。